[スポンサーリンク]

M

マルコフニコフ則 Markovnikov’s Rule

 

二重結合をもつ炭化水素に対し求電子的付加反応をおこなう際、結合する水素原子数の多い方の炭素のほうに、電気的に陽性な原子団が結合する。この経験則をマルコフニコフ則(Markovnikov’s rule)と呼ぶ。

水素原子or置換数を指して“富めるものはますます富める(the rich get richer)”とすれば覚えやすい。

基本文献

 

反応機構

マルコフニコフ則は中間体として生成するカルボカチオンの安定性の差によって合理的説明がなされる。すなわち、水素置換数の少ない(級数の大きい)炭素原子では、超共役効果によってカルボカチオンが安定化されるため、より電気的に陰性な原子団が結合しやすくなる。

Markovnikov_2.gif

反応例

 

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ガッターマン・コッホ反応 Gattermann-Koch Rea…
  2. 還元的脱硫反応 Reductive Desulfurizatio…
  3. 四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (Ru…
  4. 野依不斉水素化反応 Noyori Asymmetric Hydr…
  5. ハートウィグ ヒドロアミノ化反応 Hartwig Hydroam…
  6. エシュバイラー・クラーク反応 Eschweiler-Clarke…
  7. アルキンの環化三量化反応 Cyclotrimerization …
  8. 可逆的付加-開裂連鎖移動重合 RAFT Polymerizati…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 就職か進学かの分かれ道
  2. デヴィッド・エヴァンス David A. Evans
  3. 化学産業を担う人々のための実践的研究開発と企業戦略
  4. 密度汎関数法の基礎
  5. 一重項酸素 Singlet Oxygen
  6. 「化学の匠たち〜情熱と挑戦〜」(日本化学会春季年会市民公開講座)
  7. 高脂血症薬がウイルス抑制/C型肝炎で厚労省研究班
  8. 1と2の中間のハナシ
  9. 会社でも英語を重視?―さて詮なきことか善きことか
  10. 痛風薬「フェブキソスタット」の米国売上高が好発進

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カクテルにインスパイアされた男性向け避妊法が開発される

男性の避妊法はXXドームを付ける一時的なものか、パイプカットを行って完全に生殖行為を不可能にするかと…

水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発

第179回のスポットライトリサーチは、東京大学理学系研究科化学専攻有機合成化学教室の宮村浩之先生にお…

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP