[スポンサーリンク]

M

マルコフニコフ則 Markovnikov’s Rule

 

二重結合をもつ炭化水素に対し求電子的付加反応をおこなう際、結合する水素原子数の多い方の炭素のほうに、電気的に陽性な原子団が結合する。この経験則をマルコフニコフ則(Markovnikov’s rule)と呼ぶ。

水素原子or置換数を指して“富めるものはますます富める(the rich get richer)”とすれば覚えやすい。

基本文献

 

反応機構

マルコフニコフ則は中間体として生成するカルボカチオンの安定性の差によって合理的説明がなされる。すなわち、水素置換数の少ない(級数の大きい)炭素原子では、超共役効果によってカルボカチオンが安定化されるため、より電気的に陰性な原子団が結合しやすくなる。

Markovnikov_2.gif

反応例

 

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 鈴木・宮浦クロスカップリング Suzuki-Miyaura Cr…
  2. 原子移動ラジカル重合 Atom Transfer Radical…
  3. コーリー・ニコラウ マクロラクトン化 Corey-Nicolao…
  4. ハウザー・クラウス環形成反応 Hauser-Kraus Annu…
  5. ミニスキ反応 Minisci Reaction
  6. マイケル付加 Michael Addition
  7. ロゼムンド・リンドセー ポルフィリン合成 Rothemund-L…
  8. テッベ試薬 Tebbe Reagent

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich
  2. ポットエコノミー Pot Economy
  3. バージェス試薬 Burgess Reagent
  4. 近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する
  5. UCLAにおける死亡事故で指導教授が刑事告訴される
  6. ポリエチレンなど合成樹脂、値上げ浸透
  7. アルデヒドを分液操作で取り除く!
  8. 森田・ベイリス・ヒルマン反応 Morita-Baylis-Hillman Reaction
  9. アマドリ転位 Amadori Rearrangement
  10. トム・スタイツ Thomas A. Steitz

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年12月号がオンライン公開されました。…

Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

This is what happened when I went to visit a giant…

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第174回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

【ジーシー】新卒採用情報(2020卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

PAGE TOP