[スポンサーリンク]

M

マルコフニコフ則 Markovnikov’s Rule

 

二重結合をもつ炭化水素に対し求電子的付加反応をおこなう際、結合する水素原子数の多い方の炭素のほうに、電気的に陽性な原子団が結合する。この経験則をマルコフニコフ則(Markovnikov’s rule)と呼ぶ。

水素原子or置換数を指して“富めるものはますます富める(the rich get richer)”とすれば覚えやすい。

基本文献

 

反応機構

マルコフニコフ則は中間体として生成するカルボカチオンの安定性の差によって合理的説明がなされる。すなわち、水素置換数の少ない(級数の大きい)炭素原子では、超共役効果によってカルボカチオンが安定化されるため、より電気的に陰性な原子団が結合しやすくなる。

Markovnikov_2.gif

反応例

 

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. フェントン反応 Fenton Reaction
  2. モヴァッサージ脱酸素化 Movassaghi Deoxigena…
  3. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation…
  4. デーヴィス酸化 Davis Oxidation
  5. オーヴァーマン転位 Overman Rearrangement
  6. ダキン・ウェスト反応 Dakin-West Reaction
  7. ティシチェンコ反応 Tishchenko Reaction
  8. エンインメタセシス Enyne Metathesis

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. トップリス ツリー Topliss Tree
  2. 前田 浩 Hiro Maeda
  3. 生物学的等価体 Bioisostere
  4. アルキンの水和反応 Hydration of Alkyne
  5. ローカル環境でPDFを作成する(Windows版)
  6. 人工タンパク質ナノブロックにより自己組織化ナノ構造を創る
  7. アシロイン縮合 Acyloin Condensation
  8. シリカゲルの小ネタを集めてみた
  9. Lectureship Award MBLA 10周年記念特別講演会
  10. 【10周年記念】Chem-Stationの歩み

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP