[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

アメリカ化学留学 ”大まかな流れ 編”

 

アメリカ留学シリーズです。

まずアメリカのPh.D.コースというのは日本の博士課程と何が違うのかというのを大まかに書いていこうと思います。

(この文章で書かれるケースはあくまで北米の1大学のケースを基にしていて、すべての大学がこのシステムに準じるものではありません。あくまで参考程度に読んでください)

1.取得期間に関して

サイエンス分野でのアメリカのPh.D.コースというのは日本で言う修士課程と博士課程がくっついたものです。取得までにおおよそ5年程度を要するのが普通です。日本の修士が2年、博士が3年それぞれかかるのが平均だと思いますので、全体でかかる時間はほぼ同じです。もちろん研究の進捗具合などでも取得時間は前後しますし、研究室の先生のPh.D.というものに対する考え方みたいなのも大きいファクターです。

ちなみにエンジニアリング系になると日本のようにマスターとPh.D.はかっちり分かれているケースが多い気がします。ただしこのような学科では、奨学金が提供されていることは少なく、企業から派遣されている研究者の方が多いイメージです。

 

2.やらなくてはいけないことに関して

アメリカの大学の卒業式といえば、ふくろう博士のあの帽子とガウンです。しかしそこに辿り着くまでにクリアする課題は幾つもあります。その中の幾つかは日本の博士課程にも共通するものですが、幾つかは特異的な要件も挙げられます。

ここでは “キュームテスト”、“中間公聴会”、“授業”を紹介したいと思います。

キュームテストというのは最新論文を読み込む能力が付いているかを試すテストです。お題の論文はある先生から1週間前に提示されます。そしてその論文をどれだけ理解しているかを測るテストが課されます。そういったテストを規定回数合格しなくてはいけません(例えば9回中5回合格しないとDrop!)。これに失敗すると、Masterコースへの編入を余儀なくされ、Ph.D.コースはFailということになります。

中間公聴会というのは自分の研究や研究のプロポーザルを先生たちの前で発表して、質疑応答に耐え忍ぶというテスト(チャンスは2回で失敗するとDrop!)です。

こういった試問はアメリカのPh.D.コースならではのシステムで、そしてこれに失敗してMasterコースに逝ってしまうことが意外と多いというのが“The アメリカのPh.D.”という感じです。

 

3.授業に関して

アメリカに来ていちばん日本と違うなと思ったのが、授業の位置づけです。日本では修士課程以上になると割と研究室での研究が授業よりも重視されていたように思います。

しかしアメリカではかなりがっつりとした授業をきちんと取らされ、一定以上の成績をとらなくてはDropになってしまいます。そのため学生は初めのうちは研究室に全くいかずに授業に集中することになります。

 

ここで留学生的に気になる、英語での授業に関してなのですが日本で英語の論文を読んでいるような人であれば気合でなんとかなるレベルのものであると付記しておきます。また化学の英単語は意外と安易な単語が使われていて馴染みやすいです。例えば日本では「配位」という単語はおおよそ化学に携わっていないと使わない単語ですが、英語では「Coordination」です。「服をコーディネートする」と同じ単語です。それに加えて先生もインターナショナルの生徒にはある程度なれているので、頑張ればいけます。

 

授業は修士持ちであれば、幾つかはトランスファーできます。ですが、1から取ると初めの1年半以上は授業に集中しなくてはいけない程度の単位が要件となっています。

時間をかなり食われるアメリカPh.D.の授業の体系ですが実際賛否両論あるきがします。個人的には日本での修士時代に散発的に得た知識をアメリカで体系的に学び直す事ができて、それはとっても良かったです。

 

4. 授業をしなくてはいけない

そして自分の授業に加え、僕の学科は少なくとも3セメスターのTeachingが課されていました。つまり学部生の化学の授業を受け持つのです。 配属される授業にもよるのですが、仕事内容は実験の授業の補助や定期テストの制作、採点、あとチューターみたいなことから、はては実際に生徒の目の前にたっての授業まで。これはインターナショナルの生徒にとってはかなりの大仕事で、特に僕はかなり苦手でした。またセメスターの最後に普通の先生と同様に、生徒に評価のアンケートを取ったりします。これの評判が良いと学期末の全体ミーティングで表彰されたりします。

 

そして研究、卒業へ

上のRequirementをすべて満たしたら、晴れて研究に没頭できる環境が作られます。研究室の財政具合によってはTeachingをずっとしなくてはいけないこともありますが、財政的に余裕のある研究室ではResearch Assistantをあてがわれることがあります。これは研究をすることによって給料がもらえるAssistantshipで、煩雑なTeachingでの仕事をしなくて済むことになります。

そしておもに研究室のボスから課された課題をクリアして幾つかの論文をPublishすると晴れて卒業というのが流れです。

 

日本よりもやらなくてはいけないRequirementの種類は多い気がしますが、全て終わってみればいい経験で、本気をある程度出さなくてはいけない事も多いので、なかなか楽しいですよ。

今度はそろそろ入学願書を出す頃ということもあり、Ph.D.コースへの入学願書みたいなことでも書いていこうかと思います。

 

関連書籍

 

 

関連記事

  1. SciFinder Future Leaders in Chem…
  2. 2011年イグノーベル賞決定!「わさび警報装置」
  3. DNAが絡まないためのループ
  4. ポリセオナミド :海綿由来の天然物の生合成
  5. 赤絵磁器を彩る絵具:その特性解明と改良
  6. ネイチャー論文で絶対立体配置の”誤審”
  7. 100年前のノーベル化学賞ーリヒャルト・ヴィルシュテッター
  8. プラナーボラン - 有機エレクトロニクス界に期待の新化合物

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reaction
  2. 微生物細胞に優しいバイオマス溶媒 –カルボン酸系双性イオン液体の開発–
  3. 反芳香族性を有する拡張型フタロシアニン
  4. ケムステスタッフ徹底紹介!
  5. 化学のうた
  6. ウィリアム・ノールズ William S. Knowles
  7. 細胞を模倣したコンピューター制御可能なリアクター
  8. フラーレン:発見から30年
  9. 有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン
  10. 2014年ノーベル賞受賞者は誰に?ートムソン・ロイター引用栄誉賞2014発表ー

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP