[スポンサーリンク]

ランキング

2009年6月人気化学書籍ランキング

[スポンサーリンク]

1位

化学のブレークスルー(有機化学編) 革新論文から見た10年の進歩と未来
試薬に学ぶ化学分析技術―現場で役立つ基礎技術と知識
ダイヤモンド社
関東化学株式会社(編集)
発売日:2009-01-17
発送時期:通常4~6日以内に発送
ランキング:47919

3位

Pragma
発売日:2008-05-13
発送時期:在庫あり。
ランキング:27190

4位

よくある質問 NMRスペクトルの読み方 (よくある質問シリーズ)
講談社
発売日:2009-02-13
発送時期:在庫あり。
ランキング:76650

5位

Molecules That Changed the World
Wiley VCH
発売日:2008-02-06
発送時期:在庫あり。
ランキング:15255
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 有機化学のグラビア写真集
おすすめ度4 面白い

おすすめ

天然物の全合成―2000‐2008(日本)
化学同人
有機合成化学協会(編集)
発売日:2009-05
発送時期:一時的に在庫切れですが、商品が入荷次第配送します。配送予定日がわかり次第Eメールにてお知らせします。商品の代金は発送時に請求いたします。
ランキング:92383
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 おすすめです。
おすすめ度5 天然物合成を学ぶ人にはもってこいの一冊
おすすめ度5 日本の全合成の歴史ですね
おすすめ度5 合成の鍛錬に使える!
おすすめ度3 これぞ有機化学道場
Amazy
webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 有機・無機材料の相転移ダイナミクス:数理から未来のマテリアル開発…
  2. 創薬化学―有機合成からのアプローチ
  3. 2008年12月人気化学書籍ランキング
  4. 最新 創薬化学 ~探索研究から開発まで~
  5. 世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ
  6. 化学に魅せられて
  7. 交響曲第6番「炭素物語」
  8. 液クロ虎の巻シリーズ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. で、その研究はなんの役に立つの?
  2. 自励振動ポリマーブラシ表面の創製
  3. メタボ薬開発に道、脂肪合成妨げる化合物発見 京大など
  4. 第65回―「タンパク質代替機能を発揮する小分子の合成」Marty Burke教授
  5. 化合物の秤量
  6. ビギネリ反応 Biginelli Reaction
  7. π電子系イオンペアの精密合成と集合体の機能開拓
  8. 化学の歴史
  9. トビアス・リッター Tobias Ritter
  10. 博士課程学生の奨学金情報

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP