[スポンサーリンク]


2013年 9月 15日

  1. オリンピセン (olympicene)

    オリンピセンはオリンピックシンボルマークをした分子のかたちが原子間力顕微鏡を使って観察された炭化水素。

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 分子情報・バイオ2研究センター 九大開設
  2. ふるい”で気体分離…京大チーム
  3. パッセリーニ反応 Passerini Reaction
  4. 自励振動ポリマーブラシ表面の創製
  5. スイスでポスドクはいかが?
  6. カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異
  7. アリ・ワーシェル Arieh Warshel

注目情報

最新記事

PCに眠る未採択申請書を活用して、外部資金を狙う新たな手法

みなさんは毎年何本の研究申請書を書きますか?そして、残念ながら日の目を見ずに、アイデアのままパソコン…

フラーレン〜ケージを拡張、時々、内包〜

トリアジン誘導体とN-フェニルマレイミドを用いた、フラーレンのケージを拡張する新規手法が開発された。…

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

PAGE TOP