[スポンサーリンク]


2015年 3月 10日

  1. 機構解明が次なる一手に繋がった反応開発研究

    分子レベルのものづくりのために新しい有機合成反応を開発することは重要な化学研究です。新しい反応を開発すると、どのように反応が進行しているのか、その詳細を知りたくなるのが化学者です。それを解明したところでそれまで!という場合も多々ありますが、…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 徹底比較 特許と論文の違い ~明細書、審査編~
  2. 直鎖アルカンの位置選択的かつ立体選択的なC–H結合官能基化
  3. 今年も出ます!!サイエンスアゴラ2015
  4. 第72回―「タンパク質と融合させた高分子材料」Heather Maynard教授
  5. 村橋 俊一 Shun-Ichi Murahashi
  6. 穴の空いた液体
  7. 米化学大手デュポン、EPAと和解か=新生児への汚染めぐり

注目情報

最新記事

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

PAGE TOP