[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ベンジャミン・フランクリンメダル―受賞化学者一覧

[スポンサーリンク]

ベンジャミン・フランクリンメダル(Benjamin Franklin Medal)は、生命科学、工学、地球科学、化学、物理学、計算機・認知科学の6部門において、世界の優れた科学者、技術者を称える賞である。

化学分野において受賞しているのは以下の通り。完全な受賞者一覧はこちらから。

1996 Richard E.Smalley

1998 Ahmed H Zewail

1999 Walter Kaminsky

2000 Robert H. Grubbs

2001 K. Barry Sharpless

2002 Norman L. Allinger

2003 M. Robin

2004 Harry B. Gray

2005 Henri B. Kagan

2006 Samuel J.Danishefsky

2007 Klaus Biemann?

2008 Albert Eschenmoser

2009 George M. Whitesides

2010 JoAnne Stubbe

2011 K. C. Nicolaou

2013 Jerrold Meinwald

2014 Christopher T. Walsh

2015 Stephen J. Lippard

2016 Nadrian C. Seeman

2017 Krzysztof Matyjaszewski澤本光男

2018 John B. Goodenough

2019 John A. Rogers

その他日本人では江崎玲於奈(1961年)、有馬朗人(1990年)、外村彰(1999年「ベンジャミンフランクリンメダル 物理学賞」)、飯島澄男(2002年)が受賞(敬称略)。

外部リンク

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ウォルター・カミンスキー Walter Kaminsky
  2. ピーター・リードレイ Peter Leadlay
  3. Qi-Lin Zhou 周其林
  4. デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz
  5. 金城 玲 Rei Kinjo
  6. クリス・クミンス Christopher C. Cummins
  7. ロナルド・ブレズロウ賞・受賞者一覧
  8. キース・ファニュー Keith Fagnou

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Purification of Laboratory Chemicals
  2. 天然バナジウム化合物アマバジンの奇妙な冒険
  3. 東日本大震災から1年
  4. ペンタシクロアナモキシ酸 pentacycloanamoxic acid
  5. J-STAGE新デザイン評価版公開 ― フィードバックを送ろう
  6. 新規色素設計指針を開発 -世界最高の太陽光エネルギー変換効率の実現に向けて-
  7. 専門用語(科学英単語)の発音
  8. 2012年Wolf化学賞はナノケミストリーのLieber博士,Alivisatos博士に!
  9. フレデリック・キッピング Frederic Stanley Kipping
  10. ポリフェノールに食品アレルギー予防効果

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

炭素置換Alアニオンの合成と性質の解明

第249回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科(山下研究室)・車田 怜史 さんにお…

第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授

第59回の海外化学者インタビューは日本から、清水敏美 教授です。独立行政法人産業技術総合研究所(AI…

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース

詳細・お申込みはこちら日時2020年 4月16日(木)、17日(金)全日程2日間  …

光で水素を放出する、軽量な水素キャリア材料の開発

第248回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院(宮内研究室)・河村 玲哉さんにお願い…

大幸薬品、「クレベリン」の航空輸送で注意喚起 搭載禁止物質や危険物に該当?

大幸薬品は、同社が展開する「クレベリンシリーズ」の航空輸送について、注意喚起を行っている。  (引用…

第58回―「集積構造体を生み出すポリマー合成」Barney Grubbs教授

第58回の海外化学者インタビューは、バーニー・グラブス教授です。ダートマス大学化学科に所属(訳注:現…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP