[スポンサーリンク]


2015年 7月 01日

  1. ゼムラー・ウォルフ反応 Semmeler-Wolff Reaction

    概要シクロヘキセノンオキシムからアニリンを得る反応。Beckmann転位が併発するため、古典的条件では低収率にとどまる傾向にある。基本文献 Semmler, W. Ber. 1892, 25, 3352. Wolff, …

  2. 計算化学:DFT計算って何?Part II

    近年、DFT計算により実験結果をサポートする論文が増えて来ています。実験屋さんでも計…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 諸熊 奎治 Keiji Morokuma
  2. 飯野 裕明 Hiroaki Iino
  3. 金属錯体化学を使って神経伝達物質受容体を選択的に活性化する
  4. ディスコデルモライド /Discodermolide
  5. ビタミンDで肺ガンの生存率が上がる?
  6. 光と熱で固体と液体を行き来する金属錯体
  7. ビナミジニウム塩 Vinamidinium Salt

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスのためのデータサイエンティスト入門

開催日:2022/12/14  申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の…

工業生産モデルとなるフロー光オン・デマンド合成システムの開発に成功!:クロロホルムを”C1原料”として化学品を連続合成

第450回のスポットライトリサーチは、神戸大学大学院理学研究科化学専攻 津田研究室の岡田 稜海 (お…

【太陽ホールディングス】新卒採用情報(2024卒)

私たちは「楽しい社会を実現する」という経営理念をもとに事業分野を広げ、世界をリードする総合化学企業と…

進む分析機器の開発

がん研究会がんプレシジョン医療研究センターの芳賀淑美主任研究員、植田幸嗣プロジェクトリーダーらの研究…

無機物のハロゲンと有機物を組み合わせて触媒を創り出すことに成功

第449回のスポットライトリサーチは、分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域(椴山グループ)5年…

PAGE TOP