[スポンサーリンク]

ケムステニュース

タンニンでさび防ぐ効果 八王子の会社

柿渋液などに含まれるタンニンと数種類の薬剤を混合した液体でめっきのように表面を覆うことで、クロムめっきと同じように強度や防腐効果をもたせることができる。八王子市のOA機器開発会社「アートビーム」(松木良春社長)など2社の研究チームがこんな液体を開発した。環境へ悪影響を与える六価クロムなどの電化製品への使用規制が強まる中、第三者機関による検証実験を経て、今秋にも製品化する方針だ。(引用:朝日新聞

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 東芝やキヤノンが優位、微細加工技術の「ナノインプリント」
  2. 武田薬、米国販売不振で11年ぶり減益 3月期連結決算
  3. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案
  4. 三井化学、「環状オレフィンコポリマー(商標:アペル)」の生産能力…
  5. ハーバード大Whitesides教授がWelch Awardを受…
  6. トムソン:2008年ノーベル賞の有力候補者を発表
  7. 配糖体合成に用いる有機溶媒・試薬を大幅に削減できる技術開発に成功…
  8. 大気中のメタン量、横ばいに/温暖化防止に朗報か

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 除虫菊に含まれる生理活性成分の生合成酵素を単離
  2. チャールズ・スターク・ドレイパー賞―受賞者一覧
  3. 「富士フイルム和光純薬」として新たにスタート
  4. 生体外の環境でタンパクを守るランダムポリマーの設計
  5. Nature Chemistryデビュー間近!
  6. 第四回 分子エレクトロニクスへの展開 – AP de Silva教授
  7. 細胞の分子生物学/Molecular Biology of the Cell
  8. 鬼は大学のどこにいるの?
  9. スティーブン・リパード Stephen J. Lippard
  10. ハーバード大Whitesides教授プリーストリーメダルを受賞

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

第163回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部 ・川上了史(かわかみ のりふみ)講師に…

PAGE TOP