[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ゼムラー・ウォルフ反応 Semmeler-Wolff Reaction

概要

シクロヘキセノンオキシムからアニリンを得る反応。Beckmann転位が併発するため、古典的条件では低収率にとどまる傾向にある。

基本文献

  • Semmler, W. Ber. 1892, 25, 3352.
  • Wolff, L. Liebigs Ann. Chem. 1902, 322, 351.

反応機構

semmler_wolff_4

反応例

低収率問題を解決するためにパラジウム触媒が検討され、良好な条件が見つかっている。[1]

semmler_wolff_2

メタ位置換アニリンの合成[2]

semmler_wolff_3

Penitrem Dの合成[3]

semmler_wolff_5

参考文献

  1. Hong, W. P.; Iosub, A. V.; Stahl, S. S. J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 13664. doi:10.1021/ja4073172
  2. Kelly, T. R.; Chandrakumar, N. S.; Saha, J. K. J. Org. Chem. 1989, 54, 980. DOI: 10.1021/jo00265a049
  3. Smith, A. B., III; Kanoh, N.; Ishiyama, H.; Minakawa, N.; Rainier, J. D.; Hartz, R. A.; Cho, Y. S.; Cui, H.; Moser, W. H. J. Am. Chem. Soc. 2003, 125, 8228. DOI: 10.1021/ja034842k

 

関連反応

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. シャープレス不斉アミノヒドロキシル化 Sharpless Asy…
  2. アシロイン縮合 Acyloin Condensation
  3. 高井・ロンバード反応 Takai-Lombardo Reacti…
  4. アサートン・トッド反応 Atherton-Todd Reacti…
  5. バックワルド・ハートウィグ クロスカップリング Buchwald…
  6. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction…
  7. ソープ・チーグラー反応 Thorpe-Ziegler React…
  8. Aza-Cope転位 Aza-Cope Rearrangemen…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ポットエコノミー Pot Economy
  2. マンガン触媒による飽和炭化水素の直接アジド化
  3. 大鵬薬品、米社から日本での抗癌剤「アブラキサン」の開発・販売権を取得
  4. サクラの酵母で作った赤い日本酒を商品化に成功
  5. 原子のシート間にはたらく相互作用の観測に成功
  6. マイケル・グレッツェル Michael Gratzel
  7. ヘリウムガスのはなし
  8. 一流化学者たちの最初の一歩
  9. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!PartIII+薬学会も!
  10. サラ・オコナー Sarah E. O’Connor

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カクテルにインスパイアされた男性向け避妊法が開発される

男性の避妊法はXXドームを付ける一時的なものか、パイプカットを行って完全に生殖行為を不可能にするかと…

水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発

第179回のスポットライトリサーチは、東京大学理学系研究科化学専攻有機合成化学教室の宮村浩之先生にお…

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP