[スポンサーリンク]


2015年 7月 14日

  1. ハートウィグ・宮浦C-Hホウ素化反応 Hartwig-Miyaura C-H Borylation

    概要イリジウム触媒および電子供与型二座配位子を用いることで、芳香環ハロゲン置換体を経由しないC-H活性化型ホウ素化が行える。生成物である有機ホウ素化合物は各種変換の中間体として価値が高い。本反応は芳香環にある置換基の立体的影響を…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 世界最高の活性を示すアンモニア合成触媒の開発
  2. Z-スキームモデル Z-Scheme Model
  3. 光触媒により脱炭酸反応における反応中間体の精密制御に成功!
  4. モルヒネ morphine
  5. 1-ヒドロキシタキシニンの不斉全合成
  6. 耐熱性生分解プラスチック開発 150度でも耐用 阪大
  7. 金大大学院、ナノ微粒子開発 医薬品や塗料などに応用も

注目情報

最新記事

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

PAGE TOP