[スポンサーリンク]


2015年 11月 18日

  1. フルエッギン Flueggine

    Flueggine は、2011年に植物 Flueggea virosa の小枝や葉から単離された Securinega アルカロイドである。立体化学の決定は NMR、X 線結晶構造解析、CD を用いて行なわれた。漢方薬…

  2. 磁石でくっつく新しい分子模型が出資募集中

    クラウドファンディングの大手サイトKickstarterで磁石を使った分子模型"Snatoms"が出…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 河崎 悠也 Yuuya Kawasaki
  2. 神経細胞の伸長方向を光で操る
  3. 池袋PARCOで「におい展」開催
  4. 武田薬品工業、米バイオベンチャー買収へ 280億円で
  5. ヨードラクトン化反応 Iodolactonization
  6. アルバート・エッシェンモーザー Albert Eschenmoser
  7. 細胞集め増やす化合物…京大化学研発見、再生医療活用に期待

注目情報

最新記事

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

PAGE TOP