[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ノーベル化学賞・下村さん帰国

[スポンサーリンク]

shimomura2.jpg

 ノーベル化学賞を受賞した米国在住の下村脩・米ボストン大名誉教授(80)が17日、少年時代を過ごし母校の長崎大がある長崎県に入った。受賞後、下村さんが長崎を訪れたのは初めて(引用:西日本新聞)。

2008年度ノーベル化学賞受賞者下村先生がご帰国されました。どうやら1ヶ月くらい滞在し、様々なところで講演や受賞報告を行うようです。


予定として決まっているものをいくつかあげておきたいと思います。

 

  • 佐世保市名誉市民顕彰式

日 時:3月21日(土)11:00~11:30?会 場:佐世保市市議会議場(佐世保市役所)

  • 長崎県名誉県民顕彰式

日時:3月22日(日)午前11時?場所:長崎県議会議場

  • 下村 脩 長崎大学名誉博士のノーベル化学賞受賞記念講演会

日時:3月22日(日) 14:30から?場所:長崎大学中部講堂(文教キャンパス)

  • 下村 脩 博士ノーベル化学賞受賞祝賀会

日 時:3月22日(日)午後5時より?場 所:長崎全日空ホテル グラバーヒル 大宴会場

  • 下村 脩博士2008年ノーベル化学賞受賞記念特別講演会(日本農芸化学会)

記念講演「天の導くままに―発光生物と半世紀」
日時:?3月24日(火)13時より16時?会場<spanstyle=”white-space:pre”> :東京国際フォーラム・ホールC(東京都千代田区丸の内3-5-1)

  • 2008年ノーベル化学賞受賞記念 名古屋大学レクチャー

記念講演「オワンクラゲからのおくりもの」
日時:3月26日 14:00~16:00場所:名古屋大学豊田講堂

  • ノーベル化学賞受賞記念シンポジウム

日 時: 平成21年3月28日(土)13:00-17:30?会 場: S2会場(日本大学理工学部船橋キャンパス13号館1326教室)

なにやら東へ西へとても忙しいですね。どうやらほとんどが席は抽選となっているらしく、一番アクセスしやすいのは28日の日本化学会の年会で行うシンポジウムのようです。しかし、残念ながら下村先生はシンポジウム紹介のみで講演はしないようです。東京フォーラムで行う講演会は講演に加え、磯辺稔名古屋大学教授をはじめ4人の化学者とのディスカッションも予定されているとのこと。名古屋大学で行う講演会は上村大輔慶応大学教授(名古屋大学名誉教授)も講演されるとのことです。ぜひご参加できる人はお見逃しなく!

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 光だけでなく化学物質も受容できるロドプシンの発見
  2. 持田製薬/エパデールのスイッチOTC承認へ
  3. 8億4400万円で和解 青色LED発明対価訴訟
  4. マクドナルドなど9社を提訴、発がん性物質の警告表示求め=カリフォ…
  5. 小6、危険物取扱者乙種全類に合格 「中学で理科実験楽しみ」
  6. バイエルワークショップ Bayer Synthetic Orga…
  7. 世界5大化学会がChemRxivのサポーターに
  8. 理化学研究所、植物の「硫黄代謝」を調節する転写因子を発見

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 夢・化学-21 化学への招待
  2. 有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!
  3. 「炭素ナノリング」の大量合成と有機デバイス素子の作製に成功!
  4. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より
  5. 有機の王冠
  6. 小さなケイ素酸化物を得る方法
  7. 第一回 人工分子マシンの合成に挑む-David Leigh教授-
  8. 東芝やキヤノンが優位、微細加工技術の「ナノインプリント」
  9. 第14回「らせん」分子の建築家ー八島栄次教授
  10. 環境、人体に優しい高分子合成を開発 静大と製薬会社が開発

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ジャーナル編集ポリシーデータベース「Transpose」

およそ3000誌のジャーナル編集ポリシーをまとめたデータベース「Transpose」が、この6月に公…

有機合成化学協会誌2019年9月号:炭素–水素結合ケイ素化・脱フッ素ホウ素化・Chemically engineered extracts・クロロアルケン・ニトレン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年9月号がオンライン公開されました。ま…

塗る、刷る、printable!進化するナノインクと先端デバイス技術~無機材料と印刷技術で変わる工業プロセス~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年10月18日(金) 10:30~16:50受講料…

5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続

人を笑わせ、考えさせる独創的な研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」の授賞式が米東部マサチューセッツ州の…

アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

第219回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院情報科学研究科(吉田研究室)・伊藤 誉明さん…

高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2

Tshozoです。前回のつづき。これまではフッ化水素の背景と合成について主に述べましたが、後半は用途…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP