[スポンサーリンク]

一般的な話題

有機合成化学協会誌2023年11月号:英文特別号

[スポンサーリンク]

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2023年11月号がオンライン公開されています。

学会シーズンですね。筆者も先日京都で開かれたIKCOC-15を大いに楽しみました。

今月号は英文特別号です!毎年のことながら非常に豪華な著者陣による論文の大集合ですので、ぜひご覧ください。全てオープンアクセスです。

今回も、会員の方ならばそれぞれの画像をクリックすればJ-STAGEを通してすべてを閲覧することが可能です。

Preface (巻頭言):Enthusiasm, Guiding the Way to Universal Catalysts? 

今月号のPreface (巻頭言)は、Max-Planck-Institut für KohlenforschungのProf. Benjamin Listによる巻頭言です。タイトルには?(ハテナ)とありますが、私はピリオド(確信)に感じました。必読です。 

Accounts (総説・総合論文)

Rapid Alternating Polarity as a Unique Tool for Synthetic Electrochemistry

川又 優、Phil S.Baran (The Scripps Research Institute)

川又先生、Baran先生らが近年精力的に検討している電極の極性を迅速に変化させる交流電解(rAP)の有用性について、1)イミドカルボニル還元、2)Birch型還元、3)Kolbe反応などの実例をもとに、わかりやすく解説された優れた総説です。本電解手法は、既存の合成試薬/手法では実現困難だった変換を大スケールで実施可能であり、今後、合成戦略の新たな選択肢の一つに加わることが期待されます。

Use of Emerging C–H Functionalization Methods to Implement Strategies for the Divergent Total Syntheses of Bridged Polycyclic Natural Products

千成 恒1,2Richmond Sarpong1 (1University of California—Berkeley, 2北里大学大村智記念研究所)

架橋多環式テルペノイド群は、その複雑な炭素骨格と多数の酸素官能基を有するため、世界中の合成化学者を今でも魅了し続けています。複雑天然物の全合成において世界的に著名なRichmond Sarpong教授の研究室に約3年半留学された千成恒先生(現・北里大)は、留学中に多数の複雑な架橋天然物を合成されました。本論文はその仕事の集大成を綴ったものです。是非ご一読を。

Development of Homogeneous PNP-Ruthenium Complexes (Ru-MACHO family) for Hydrogenation of Esters and Beyond

小形 理、栗山 亙(高砂香料工業株式会社)

 皆さんは“Ru-MACHO”という触媒をご存じでしょうか? PNPの三座配位子がRu中心をガッチリとつかみ、“マッチョ”の名に相応しい構造をしていますが、定圧下でエステルの触媒的水素化反応を可能にした新世代の水素化Ru触媒です。本論文では、触媒開発の経緯から機能の向上、水素化反応だけにとどまらない反応開発まで、読み応えのある総合論文となっています。

Divergent Transformation of Carboxylic Acids through Photocatalytic Decarboxylation with Hypervalent Iodine Reagents

榊原陽太1伊丹健一郎2村上 慧1 1関西学院大学理学部、2名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所)

カルボン酸は、遍在する官能基の一つであり、カルボン酸を起点とした多様な合成反応は魅力的である。著者らは超原子価ヨウ素試薬と光触媒作用を基盤にしたカルボン酸の変換反応を開発しており、本総合論文では著者らの反応設計のコンセプトがまとめられている。

Synthesis of Structurally Diverse Polycyclic Arenes Using Tandem Oxidative Ring Expansion Strategy

金鉄男1寺田眞浩21東北大学理学研究科巨大分子解析センター、2東北大学大学院理学研究科)

本総合論文は、東北大学の金先生らが進めているタンデム型1電子移動反応による様々なp拡張縮環骨格の構築について詳細に解説されています。有機エレクトロニクスの発展に伴い、新たな機能性材料の可能性を秘めた多環式アレーンからなるp拡張縮環骨格を有する化合物は近年注目を集めており、その効率的な骨格構築法の確立は喫緊の課題です。様々な環サイズの骨格構築、酸素、硫黄などのヘテロ原子を含む骨格構築など独自の戦略による合成手法を紹介しています。

The Search for Inhibitors of the Ubiquitin-proteasome System from Natural Sources by Cell-based Screening in Reporter-expressing Cells

人羅勇気、塚本佐知子(熊本大学大学院生命科学研究部附属グローバル天然物科学研究センター)

ケミカルバイオロジー研究の原点、ここにあり。人羅先生、塚本先生が執筆された本原稿は、ubiquitin-proteasome systemを対象とした阻害剤探索に関するサイエンスのエッセンスが集約された内容になっています。有機化学を本格的に勉強し始めた学生にも「優しい」内容になっていますので、是非、ご一読ください。

Nitrogen Functionalization with N-(Fluorosulfonyl)carbamates

橋本卓也(千葉大学大学院理学研究院、千葉大学国際高等研究基幹、理研)

単純な有機分子へのアミノ基(-NH2)の導入は重要な分子変換です。様々な窒素官能基導入剤が知られてはいますが,望みのC-N結合形成とアミノ基への容易な変換を同時に実現するのは簡単ではありません。本論文では,この問題を解決する反応剤として著者らが最近開発したN-(フルオロスルホニル)カルバメートの設計と応用が紹介されています。既存の反応剤では難しかった様々なアミノ化反応から,有機合成における試薬デザインの醍醐味が伝わる内容です。

Recent Progress on Metallo-Supramolecular Polymers and the Electrochromic Devices Fabrication

樋口昌芳(物質・材料研究機構)

 本論文は、物質・材料研究機構(NIMS)の樋口先生が推進している「メタロ超分子ポリマー」について最近の研究成果をまとめたものです。ポリマーの特徴と基礎的な性質からスタートし、異種イオンの配列制御法、高次構造をもつ超分子ポリマー(ナノシート、ハイパーブランチポリマー)への展開、色調が変化する窓ガラス(スマートウインドウ)の開発まで、ボトムアップ型に記載されています。基礎研究から一気通貫で開発まで至っており、多くの研究者に夢を与えるような一稿だと思います。

Synthetic Element Chemistry based on Precise Designs of Reagents and Transition States

平野圭一1,2内山真伸1,31東京大学大学院薬学系研究科、2金沢大学医薬保健学域、3信州大学先鋭材料研究)

「高配位ホウ素、ケイ素化学の温故知新」

高配位のホウ素やケイ素の反応化学は研究され尽くしているように思われがちですが、今回筆者らは、これらの化学種の新しい反応性を見出し、ホウ素やケイ素上の置換基によってこれを制御できることを実験と量子化学計算のインタープレイによって示しました。特にアルキンのトランス選択的なホウ素化反応やシリル化反応を新たに開発し、遷移金属触媒を用いる関連反応とは相補的な有機ホウ素およびケイ素化合物の合成手法の確立と、機能材料の高効率合成への応用に成功しています。

Novel Estrogen Receptor Inhibitory Mechanism for Halogen-containing Endocrine-disrupting Chemicals Discovered by Computer Simulation

松島綾美(九州大学大学院理学研究院)

ビスフェノールA は、ポリカーボネートやエポキシ樹脂の合成に利用されていますが、その毒性が指摘され、様々な誘導体が代替として利用されています。本総合論文では、主にハロゲン原子を含む次新世代ビスフェノール類のエストロゲン様作用(内分泌かく乱作用)に関する最新の知見がまとめられており、化学製品の開発に関わる研究者にとって必読の内容です。

これまでの紹介記事は有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズを参照してください。

関連書籍

めぐ

投稿者の記事一覧

博士(理学)。大学教員。娘の育児に奮闘しつつも、分子の世界に思いを馳せる日々。

関連記事

  1. 最近の有機化学注目論文1
  2. 虫歯とフッ素のお話① ~どうして歯磨きにフッ素が使われるの??~…
  3. 光学活性なα-アミノホスホン酸類の環境に優しい新規合成法を開発
  4. 計算化学者は見下されているのか? Part 1
  5. 塩基が肝!シクロヘキセンのcis-1,3-カルボホウ素化反応
  6. 未解明のテルペン類の生合成経路を理論的に明らかに
  7. 含ケイ素四員環 -その1-
  8. 抗酸化能セミナー 主催:同仁化学研究所

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第108回―「Nature Chemistryの編集長として」Stuart Cantrill博士
  2. Whitesides’ Group: Writing a paper
  3. SHIPS uniform worksとのコラボ!話題の白衣「WHITECOAT」を試してみた
  4. クレアチン creatine 
  5. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり : ③「ポスト・イット アドバンス2」
  6. 分子機械を組み合わせてアメーバ型分子ロボットを作製
  7. ハンスディーカー反応 Hunsdiecker Reaction
  8. ビナミジニウム塩 Vinamidinium Salt
  9. タンパク質の定量法―紫外吸光法 Protein Quantification – UV Absorption
  10. 相次ぐ海外化学企業の合併

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

最新記事

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の応用 ー新しい天然有機化合物の生成を目指すー

開催日 2024/2/21 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

有機合成化学協会誌2024年2月号:タンデムボラFriedel-Crafts反応・炭素-フッ素結合活性化・セリウム錯体・コバルト-炭素結合・ホスホロアミダイト法

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年2月号がオンライン公開されています。…

有機合成にさようなら!“混ぜるだけ”蛍光プローブ3秒間クッキング

第592回のスポットライトリサーチは、香港科技大学(Ben Zhong Tang研)の清川慎介さん(…

北九州における化学企業の盛んな生産活動

AGCは、このたび北九州事業所において、グリーン水素製造に適したフッ素系イオン交換膜の製造設備新…

【Q&Aシリーズ❷ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波による焼成・乾燥プロセス

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。全3回にわたり、ガス…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP