[スポンサーリンク]


2017年 1月 04日

  1. 安定な環状ケトンのC–C結合を組み替える

    シクロペンタノンの触媒的C–C結合活性化と続くアリール基のC–Hメタル化による結合変換反応が報告された。本手法は反応条件の調整でシクロヘキサノンにも適用できる。遷移金属による環状ケトンのC–C変換反応環状ケトンのC–C結合の切断を伴…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 位置選択的C-H酸化による1,3-ジオールの合成
  2. 有機分子触媒の化学 -モノづくりのパラダイムシフト
  3. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造
  4. 第39回「発光ナノ粒子を用いる生物イメージング」Frank van Veggel教授
  5. 18万匹のトコジラミ大行進 ~誘因フェロモンを求めて②~
  6. ReadCubeを使い倒す!(2)~新着論文チェックにもReadCubeをフル活用!~
  7. 二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!

注目情報

最新記事

Delta 6.0.0 for Win & Macがリリース!

NMR解析ソフトDeltaの最新版6.0.0がリリースされました!&nb…

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

PAGE TOP