[スポンサーリンク]

一般的な話題

有機合成化学協会誌2024年2月号:タンデムボラFriedel-Crafts反応・炭素-フッ素結合活性化・セリウム錯体・コバルト-炭素結合・ホスホロアミダイト法

[スポンサーリンク]

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年2月号がオンライン公開されています。

あっという間に日々が溶けていく2月です。。怒涛の○論関連で曜日感覚もなくなる日々ですが、頑張って乗り越えたいものです。

有機合成化学協会誌は今月号も充実の内容です。

キーワードは、「タンデムボラFriedel-Crafts反応・炭素-フッ素結合活性化・セリウム錯体・コバルト-炭素結合・ホスホロアミダイト法です。

今回も、会員の方ならばそれぞれの画像をクリックすればJ-STAGEを通してすべてを閲覧することが可能です。

巻頭言:研究者にもっと研究時間を 

今月号の巻頭言は、北海道大学大学院先端生命科学研究院門出健次教授による寄稿記事です。
首肯しすぎて首がモゲるかと思いました。同じ考えの研究者も多いと思います。私もできる限りの仕事効率化を目指し日々トライしています。

祝辞:玉尾皓平先生が令和5年度文化勲章を受章

名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所 山口茂弘教授により、玉尾皓平先生への祝辞を綴った記事が寄稿されています。
私も玉尾先生の文化勲章受賞のニュースを見た時は感激し、ラボメンバーにすぐ共有していました。
玉尾先生はケムステイブニングミキサーにも毎度来てくださり、激励くださる本当に温かい先生です。この度はご受賞おめでとうございます。

タンデムボラFriedel-Crafts反応を鍵とした有機エレクトロニクス材料の開発

畠山琢次*

2018年度有機合成化学協会 富士フイルム・機能性材料化学賞受賞

*京都大学大学院理学研究科化学専攻

 本総合論文では、ホウ素原子を多環式骨格の縮環部に酸素や窒素と共に導入した含ホウ素π共役化合物群の、材料開発について述べられている。これらの材料は,従来の有機合成手法では合成が困難であるが、独自に開発したタンデムボラFriedel-Crafts反応を鍵反応として用いることで、市販品より短工程かつ大量に合成することが可能であることを見出し、得られた化合物の物性評価や、反応機構の解明を行うことで、基質適用範囲の拡大と合成化学的応用について述べられている。

遷移金属によるフッ素脱離過程を利用したアリル位およびビニル位炭素-フッ素結合活性化

藤田健志*

2019年度有機合成化学奨励賞受賞

*公益財団法人相模中央化学研究所

 炭素-フッ素(C-F)結合は最も結合エネルギーが高い安定な結合として知られており,その選択的な活性化は容易ではありません。これに対して著者は,含フッ素有機金属種の穏和なフッ素脱離を巧みに利用ことで,フッ素化アルケンのC-F結合活性化を伴う多様な分子変換法を開発してきました。素反応の適切な組み合わせによって触媒反応を設計するための考え方を学ぶのにもうってつけの内容です。

セリウム錯体の一電子酸化還元特性を利用する酸素雰囲気下での有機化合物の触媒的な酸化反応

劒 隼人

*大阪大学大学院基礎工学研究科

「セリウム錯体触媒反応」

有機合成においてセリウムといえば、CANによる酸化反応やCeCl3の添加効果などがおなじみですが、触媒としての利用は有機合成ではあまり知られていません。今回筆者らは、デザインされたセリウム錯体の一電子酸化還元反応を利用することで、アルコールの酸化反応とカルボン酸の脱炭酸ー酸素化反応がセリウム触媒によって進行することを示しています。

環境負荷物質からの炭素循環システムの創製を目指したコバルト-炭素結合の生成と開裂を鍵とするクリーン物質変換システムの開発

嶌越 恒* 

2021年度有機合成化学協会企業冠賞 東ソー・環境エネルギー賞受賞

*九州大学大学院工学研究院応用化学部門

 著者らが研究しているビタミンB12酵素が触媒する炭素変換システムがまとめられている。光触媒や電解系とビタミンB12酵素触媒を巧みに組み合わせることで、環境負荷物質であるDDT類縁体の変換反応を実現している。

ホスホロアミダイト法によるリン脂質の発散的合成に基づく生理機能解析

安部真人*

*愛媛大学大学院農学研究科

複合脂質は天然に多様な分子種が存在するが、入手困難なものが多い。著者らはカルジオリピンの収束型合成を皮切りに、あらゆるタイプのリン脂質の合成を達成し、それらを用いて脂質の生理機能解析研究の進展に貢献してきた。本論文では脂質合成の独特のノウハウと脂質機能の奥深さを知ることができる。

Review de Debut

今月号のReview de Debutは1件です。オープンアクセスですのでぜひ。

Lewis酸触媒として働く有機アンチモン化合物 (東洋大学理工学部応用化学科)坂部将仁

ラウンジ:スペクトル理論計算を用いた構造解析の注意点

今月号はラウンジがあります!北海道大学大学院先端生命科学研究院 谷口 透 准教授による執筆記事です。
スペクトルを使わない研究をしている人はいないはず。誰にとっても勉強になります!ぜひご覧ください。

感動の瞬間:興味に身をまかせ研究には何でも使ってみよう

今月号の感動の瞬間は、京都大学の杉山弘教授による寄稿記事です!
食わず嫌い的精神は本当にもったいない。研究者としての自由性を活かして、なんでも使ってみるべきだと私も思います。

これまでの紹介記事は有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズを参照してください。

関連書籍

めぐ

投稿者の記事一覧

博士(理学)。大学教員。娘の育児に奮闘しつつも、分子の世界に思いを馳せる日々。

関連記事

  1. キノリンをLED光でホップさせてインドールに
  2. 強酸を用いた従来法を塗り替える!アルケンのヒドロアルコキシ化反応…
  3. アズワンが第一回ケムステVプレミアレクチャーに協賛しました
  4. ポンコツ博士の海外奮闘録XXIII ~博士の危険地帯サバイバル …
  5. アスピリンから生まれた循環型ビニルポリマー
  6. 有機化学者の仕事:製薬会社
  7. 第18回次世代を担う有機化学シンポジウム
  8. アルデヒドからアルキンをつくる新手法

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 陰イオン認識化学センサーの静水圧制御に成功~高選択的な分子検出法を確立~
  2. 僅か3時間でヒトのテロメア長を検出!
  3. 触媒的炭素–水素結合活性化による含七員環ナノカーボンの合成 〜容易な合成法、高い溶解性・凝集状態で強まる発光特性を確認〜
  4. 有機合成化学協会誌2020年6月号:Chaxine 類・前周期遷移金属ヒドリドクラスター・フッ化アシル・インドール ─2,3─エポキシド・プロトン応答性触媒・Z 型配位子
  5. もっとも単純な触媒「プロリン」
  6. パッションフルーツに「体内時計」遅らせる働き?
  7. ソウル大教授Nature Materials論文捏造か?
  8. 光刺激に応答して形状を変化させる高分子の合成
  9. Reaxys Prize 2011募集中!
  10. カスケード反応で難関天然物をまとめて攻略!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

注目情報

最新記事

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

キシリトールのはなし

Tshozoです。 35年くらい前、ある食品メーカが「虫歯になりにくい成分」を使ったお菓子を…

2つの結合回転を熱と光によって操る、ベンズアミド構造の新たな性質を発見

 第 608回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院 生命科学院 生命科学専攻 生命医…

スポットライトリサーチ まとめ【初回〜第200回まで】

ケムステの人気企画スポットライトリサーチ、2015 年に始まって以来、2024 年現…

【産総研・触媒化学融合研究センター】新卒・既卒採用情報

触媒センターでは、「個の力」でもある触媒化学を基盤としつつも、異分野に積極的に関…

Zachary Hudson教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年3月11日に東京大学本郷キャンパスにて開催されたBritish Co…

ケムステイブニングミキサー 2024 報告

3月18日から21日の日本化学会第104春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!めちゃ…

日本農芸化学会創立100周年記念展に行ってみた

農芸化学という学問分野はご存知でしょうか?農業と化学は分かるけど、芸って何だよって一瞬思いますよ…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP