[スポンサーリンク]

ケムステまとめ

身近なカガクを説明した記事まとめ

かなり専門的な記事が多い当サイトですが、時々一般的な科学(化学)現象や身近に存在する化合物の記事を掲載しています。比較的読みやすいそれらの記事を集めてみました。

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ケムステ記事ランキングまとめ
  2. 化学小説まとめ
  3. 世界の最新科学ニュース雑誌を日本語で読めるーNature ダイジ…
  4. 化学業界と就職活動
  5. 理系の海外大学院・研究留学記
  6. 世界を股にかける「国際学会/交流会 体験記」
  7. 計算化学記事まとめ
  8. 研究倫理問題について学んでおこう

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. MSI.TOKYO「MULTUM-FAB」:TLC感覚でFAB-MS測定を!(1)
  2. 研究室の大掃除マニュアル
  3. ディーター・ゼーバッハ Dieter Seebach
  4. 海洋天然物パラウアミンの全合成
  5. ニッケル触媒による縮合三環式化合物の迅速不斉合成
  6. ミドリムシでインフルエンザ症状を緩和?
  7. トムソン:2007年ノーベル賞の有力候補者を発表
  8. 界面活性剤のWEB検索サービスがスタート
  9. 塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”
  10. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発

第179回のスポットライトリサーチは、東京大学理学系研究科化学専攻有機合成化学教室の宮村浩之先生にお…

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP