[スポンサーリンク]

ケムステまとめ

身近なカガクを説明した記事まとめ

[スポンサーリンク]

かなり専門的な記事が多い当サイトですが、時々一般的な科学(化学)現象や身近に存在する化合物の記事を掲載しています。比較的読みやすいそれらの記事を集めてみました。

関連書籍

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 論文執筆ABC
  2. 「化学研究ライフハック」シリーズ 2017版まとめ
  3. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」シリーズ
  4. 化学の成果で脚光を浴びた小・中・高校生たち
  5. 有機合成テクニック集[ケムステ版]
  6. ケムステ海外研究記 まとめ【地域別/目的別】
  7. 「文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり」シリーズ
  8. インフルエンザ治療薬と記事まとめ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 天然物の全合成研究ーChemical Times特集より
  2. フリッツ・フェクトレ Fritz Vögtle
  3. チアミン (thiamin)
  4. 和製マスコミの科学報道へ不平不満が絶えないのはなぜか
  5. 2009年10大分子発表!
  6. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich
  7. スティーブン・レイ Steven V. Ley
  8. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】
  9. ボンビコール /bombykol
  10. 新たなクリックケミストリーを拓く”SuFEx反応”

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP