[スポンサーリンク]

ケムステまとめ

身近なカガクを説明した記事まとめ

かなり専門的な記事が多い当サイトですが、時々一般的な科学(化学)現象や身近に存在する化合物の記事を掲載しています。比較的読みやすいそれらの記事を集めてみました。

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 日本人化学者による卓越した化学研究
  2. 理系の海外大学院・研究留学記
  3. 化学小説まとめ
  4. 有機合成テクニック集[ケムステ版]
  5. 「化学研究ライフハック」シリーズ 2017版まとめ
  6. 分子マシンー2016年ノーベル化学賞より
  7. ノーベル化学賞まとめ
  8. ケムステ記事ランキングまとめ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 18万匹のトコジラミ大行進 ~誘因フェロモンを求めて②~
  2. 生体分子を活用した新しい人工光合成材料の開発
  3. 超小型シリンジ開発 盛岡の企業
  4. エノラートのα-アルキル化反応 α-Alkylation of Enolate
  5. BASFとはどんな会社?-1
  6. 基礎から学ぶ機器分析化学
  7. 研究室での英語【Part 3】
  8. 岸義人先生来学
  9. タウリン捕まえた!カゴの中の鳥にパイ電子雲がタッチ
  10. シランカップリング剤の反応、効果と応用【終了】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP