[スポンサーリンク]


2017年 11月 11日

  1. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction

    アジド-アルキン付加環化(Huisgen付加環化)は多種多様な官能基に直交性を持つため、生体共役反応として用いられる。室温程度での反応加速を達成すべく銅触媒などの添加が必要となるが、得てしてその毒性が問題となり、生細胞系での使用には適してい…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. iPadで計算化学にチャレンジ:iSpartan
  2. 汝ペーハーと読むなかれ
  3. 若手化学者に朗報!YMC研究奨励金に応募しよう!
  4. ボーディペプチド合成 Bode Peptide Synthesis
  5. 多検体パラレルエバポレーションを使ってみた:ビュッヒ Multivapor™
  6. 立体選択的なスピロ環の合成
  7. マンチニールの不思議な話 ~ウィリアム・ダンピアの記録から~

注目情報

最新記事

ポンコツ博士の海外奮闘録⑦〜博士,鍵反応を仕込む〜

ポンコツシリーズ一覧国内編:1話・2話・3話国内外伝:1話・2話・留学TiPs海外編:1…

強酸を用いた従来法を塗り替える!アルケンのヒドロアルコキシ化反応の開発

第 382回のスポットライトリサーチは、金沢大学大学院 医薬保健総合研究科 創薬科学…

ドラえもん探究ワールド 身近にいっぱい!おどろきの化学

概要「化学」への興味の芽を育むマンガ+解説書 子ども(大人も)の毎日は、「化学」とのお付き合…

データ駆動型R&D組織の実現に向けた、MIを組織的に定着させる3ステップ

開催日:2022/05/25 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

薬剤師国家試験にチャレンジ!【有機化学編その1】

2022.5.21 追記: 問3の構造式を再度訂正しました。2022.5.2…

PAGE TOP