[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

光誘起電子移動に基づく直接的脱カルボキシル化反応

ラジカル条件にてカルボン酸を飛ばす(脱カルボキシル化)手法としては、Barton法が最も有名かつ代表的なものでしょう。しかしながら反応を起こすためには、特殊なチオエステルやザンテート化合物へと予め変換しなくてはならず、良い変換ながらやや面倒な感がぬぐえません。

このたび福井大学工学部の吉見・畠中らによって、新規な脱カルボキシル化反応が報告されました。本条件の最大の特徴は、無保護のカルボン酸を直接飛ばせるというものです。加えて光照射・中性・室温で、大変穏和に行えます。


冒頭スキームのような、一体全体どこから見つけてきたのか?と思えるコンビネーションなのですが、このメカニズムは実になかなか興味深いです。まず光励起されたフェナンスレン分子が、電子受容体であるジシアノベンゼンへ電子を受け渡し、フェナンスレンカチオンラジカルが生じます。カルボキシレートアニオンがこれによって一電子酸化され、引き続き脱炭酸をへて炭素ラジカルが生じます。

direct_decarbox_4.gif

2007年のfirst report[1]では、カルボン酸を飛ばして水素に変換する反応、すなわち脱炭酸型還元反応が報告されています。この場合には、ドデカンチオールを水素供与体として加えています。下記のように、ユニークな変換例・化学選択性が実証されています。

direct_decarbox_2.gif

ごく最近の報告[2]においては、炭素伸張法への応用展開が記されています。ペプチドの炭素鎖伸張、マクロラクトン合成など、いずれも普通ではちょっと考えにくい変換が可能になっていることがおわかりでしょう。

direct_decarbox_3.gif

福井という北国の地にも、良い仕事をされてる方はいるものですね。日本の有機合成化学の底力を見た気がします。とてもユニークな研究だと思うので、今後の展開にも注目したいですね。

関連論文

  1. Yoshimi, Y.; Itou, T.; Hatanaka, M. Chem. Commun. 2007, 5244. DOI: 10.1039/b714526h
  2. Yoshimi, Y.; Masuda, M.; Mizunashi, T.;  Nishikawa, K.;  Maeda, K.; Koshida, N.; Itou, T.; Morita, T.; Hatanaka, M. Org. Lett. 2009, ASAP doi:10.1021/ol9019277

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. t-ブチルリチウムの発火事故で学生が死亡
  2. 【朗報】HGS分子構造模型が入手可能に!
  3. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!②
  4. 2010年イグノーベル賞決定!
  5. 2010年ノーベル化学賞予想―トムソン・ロイター版
  6. アフリカの化学ってどうよ?
  7. 光有機触媒で開環メタセシス重合
  8. ケムステイブニングミキサー2015へ参加しよう!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ナノ粒子で疾病の発生を容易に追跡
  2. ゲラニオール
  3. 1,2-/1,3-ジオールの保護 Protection of 1,2-/1,3-diol
  4. シコニン
  5. 有機機能材料 基礎から応用まで
  6. 溶媒としてアルコールを検討しました(笑)
  7. AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成
  8. スローン賞って知っていますか?
  9. Organic Synthesis Workbook
  10. フライデーハーバー研究所

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発

第179回のスポットライトリサーチは、東京大学理学系研究科化学専攻有機合成化学教室の宮村浩之先生にお…

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP