[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

光誘起電子移動に基づく直接的脱カルボキシル化反応

ラジカル条件にてカルボン酸を飛ばす(脱カルボキシル化)手法としては、Barton法が最も有名かつ代表的なものでしょう。しかしながら反応を起こすためには、特殊なチオエステルやザンテート化合物へと予め変換しなくてはならず、良い変換ながらやや面倒な感がぬぐえません。

このたび福井大学工学部の吉見・畠中らによって、新規な脱カルボキシル化反応が報告されました。本条件の最大の特徴は、無保護のカルボン酸を直接飛ばせるというものです。加えて光照射・中性・室温で、大変穏和に行えます。


冒頭スキームのような、一体全体どこから見つけてきたのか?と思えるコンビネーションなのですが、このメカニズムは実になかなか興味深いです。まず光励起されたフェナンスレン分子が、電子受容体であるジシアノベンゼンへ電子を受け渡し、フェナンスレンカチオンラジカルが生じます。カルボキシレートアニオンがこれによって一電子酸化され、引き続き脱炭酸をへて炭素ラジカルが生じます。

direct_decarbox_4.gif

2007年のfirst report[1]では、カルボン酸を飛ばして水素に変換する反応、すなわち脱炭酸型還元反応が報告されています。この場合には、ドデカンチオールを水素供与体として加えています。下記のように、ユニークな変換例・化学選択性が実証されています。

direct_decarbox_2.gif

ごく最近の報告[2]においては、炭素伸張法への応用展開が記されています。ペプチドの炭素鎖伸張、マクロラクトン合成など、いずれも普通ではちょっと考えにくい変換が可能になっていることがおわかりでしょう。

direct_decarbox_3.gif

福井という北国の地にも、良い仕事をされてる方はいるものですね。日本の有機合成化学の底力を見た気がします。とてもユニークな研究だと思うので、今後の展開にも注目したいですね。

関連論文

  1. Yoshimi, Y.; Itou, T.; Hatanaka, M. Chem. Commun. 2007, 5244. DOI: 10.1039/b714526h
  2. Yoshimi, Y.; Masuda, M.; Mizunashi, T.;  Nishikawa, K.;  Maeda, K.; Koshida, N.; Itou, T.; Morita, T.; Hatanaka, M. Org. Lett. 2009, ASAP doi:10.1021/ol9019277

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた
  2. ペプチドのらせんフォールディングを経る多孔性配位高分子の創製
  3. 銀イオンクロマトグラフィー
  4. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③(解答編…
  5. 超原子結晶!TCNE!インターカレーション!!!
  6. Reaxys Ph.D Prize2014ファイナリスト45名発…
  7. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング…
  8. 茨城の女子高生が快挙!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. iPhoneやiPadで化学!「デジタル化学辞典」
  2. 材料費格安、光触媒型の太陽電池 富大教授が開発、シリコン型から脱却
  3. 大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ
  4. 「天然物ケミカルバイオロジー分子標的と活性制御シンポジウム」に参加してきました
  5. tert-ブトキシカルボニル保護基 Boc Protecting Group
  6. 平尾一郎 Ichiro Hirao
  7. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda
  8. Nature Chemistry:Research Highlight
  9. 柴崎正勝 Masakatsu Shibasaki
  10. ファンケル、「ツイントース」がイソフラボンの生理活性を高める働きなどと発表

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2018年8月号:触媒的不斉全合成・分子ローター型蛍光核酸・インドロキナゾリンアルカロイド・非対称化・アズレン・ヒドラゾン-パラジウム触媒

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年8月号がオンライン公開されました。今…

Noah Z. Burns ノア・バーンズ

ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。…

結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開

ケンブリッジ結晶学データセンターとFIZ Karlsruhe は,無償で利用できる結晶データの登録・…

可視光で芳香環を立体選択的に壊す

キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しなが…

科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

2018年7月18日、フランス大使公邸にて2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞の授賞…

クリストフ・レーダー Christoph Rader

クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分…

PAGE TOP