[スポンサーリンク]


2017年 11月 14日

  1. ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 Part II

    ゴードン会議の参加体験記とボストン周辺の滞在記について書いています。さて、前回のPart Iの続きです。発表が終わったので、基本的にあとは会議を楽しむのみ。夜は1-3時ごろまで飲み、朝7時前に起きて、9時ごろからの講演会に参加する。…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 日本化学会第86春季年会(2006)
  2. 細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾
  3. ブライアン・ストルツ Brian M. Stoltz
  4. 1-ヒドロキシタキシニンの不斉全合成
  5. 近くにラジカルがいるだけでベンゼンの芳香族性が崩れた!
  6. スティーヴン・バックワルド Stephen L. Buchwald
  7. 第五回 化学の力で生物システムを制御ー浜地格教授

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP