[スポンサーリンク]


2018年 2月 22日

  1. 触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

    嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が報告された。還元剤として用いる亜鉛が触媒と相互作用することにより反応が効率的に進行する。Simmons–Smithシクロプロパン合成…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. インタビューリンクー時任・中村教授、野依理事長
  2. ナノ粒子で疾病の発生を容易に追跡
  3. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt
  4. バナジル(アセチルアセトナト) Vanadyl(IV) acetylacetonate
  5. アメリカで Ph.D. を取る –結果発表ーッの巻–
  6. 中国産ウナギから合成抗菌剤、厚労省が検査義務づけ
  7. 分子マシンー2016年ノーベル化学賞より

注目情報

最新記事

尿酸 Uric Acid 〜痛風リスクと抗酸化作用のジレンマ〜

皆さん、尿酸値は気にしてますか? ご存知の通り、ビールやお肉に豊富に含まれるプリ…

第173回―「新たな蛍光色素が実現する生細胞イメージングと治療法」Marina Kuimova准教授

第173回の海外化学者インタビューは、マリナ・クイモヴァ准教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドン…

Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

Biotage の新型自動フラッシュクロマトシステム Selekt のバリュープライ…

【9月開催】第1回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は?-オルガチックスの用途例紹介-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたような超分子コポリマーを造り、さらに光反応を利用して別々の”かたち”に分ける

第407回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院 融合理工学府 先進理化学専攻 共生応用化学コー…

PAGE TOP