[スポンサーリンク]

B

ボラン錯体 Borane Complex (BH3・L)

概要

ボラン(BH3)は通常二量体のジボラン(B2H6)として存在している。しかしこれは発火性かつ有毒な気体状試薬であり、取り扱いに難がある。

THF錯体もしくはジメチルスルフィド錯体は単量体であり、溶液として市販されているため取り扱いが容易である。これはエステルやアミド・ニトリルが存在していてもカルボン酸のみを選択的にアルコールにまで還元する。加熱還流条件であればエステル・アミド・ニトリルを還元することも可能。

基本文献

 

反応機構

中間体として生じるアシルボロネートは活性エステルとして振る舞い、ヒドリドによって還元される。

BH3_red_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

※反応性に大きな差はないが、ジメチルスルフィド錯体の方が安価で安定である。ただ、悪臭は問題。

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 林・ヨルゲンセン触媒 Hayashi-Jorgensen Cat…
  2. エステル、アミド、ニトリルの金属水素化物による部分還元 Par…
  3. コーリー・ニコラウ マクロラクトン化 Corey-Nicolao…
  4. ハウザー・クラウス環形成反応 Hauser-Kraus Annu…
  5. トリメチレンメタン付加環化 Trimethylenemethan…
  6. ベックマン転位 Beckmann Rearrangement
  7. コーンフォース転位 Cornforth Rearrangemen…
  8. バイヤー・ビリガー酸化 Baeyer-Villiger Oxid…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 鉄とヒ素から広がる夢の世界
  2. アステラス製薬、抗うつ剤の社会不安障害での効能・効果取得
  3. アメリ化学会創造的有機合成化学賞・受賞者一覧
  4. ガボール・ソモライ Gabor A. Somorjai
  5. ジャン=マリー・レーン Jean-Marie Lehn
  6. 総収率57%! 超効率的なタミフルの全合成
  7. 向山アルドール反応 Mukaiyama Aldol Reaction
  8. 単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発
  9. 天然有機化合物のNMRデータベース「CH-NMR-NP」
  10. 製薬各社 2010年度 第3四半期決算を発表

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

ご長寿化学者の記録を調べてみた

先日、G. Stork教授の論文に関するポストがありました。御年95歳という研究者でありながら、学術…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP