[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

Callipeltosideの全合成と構造訂正

callipeltoside.gif

callipeltoside1.gif

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③(解答編…
  2. Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチ…
  3. 有機ナノチューブの新規合成法の開発
  4. 企業の研究開発のつらさ
  5. シス型 ゲラニルゲラニル二リン酸?
  6. 最近の金事情
  7. 科研費の審査員を経験して
  8. ノーベル化学賞メダルと科学者の仕事

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 製薬、3強時代に 「第一三共」きょう発足
  2. ナザロフ環化 Nazarov Cyclization
  3. カーボン系固体酸触媒
  4. トクヤマが参入へ/燃料電池部材市場
  5. ニトロンの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cycloaddition of Nitrone
  6. 【動画】元素のうた―日本語バージョン
  7. ブラム・イッター アジリジン合成 Blum-Ittah Aziridine Synthesis
  8. 化学研究ライフハック:ソーシャルブックマークを活用しよう!
  9. ADC薬基礎編: 着想の歴史的背景と小分子薬・抗体薬との比較
  10. ストックホルム市庁舎

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP