[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

Callipeltosideの全合成と構造訂正

callipeltoside.gif

callipeltoside1.gif

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ② ~巨大な平面構造…
  2. BASF150年の歩みー特製ヒストリーブックプレゼント!
  3. LSD1阻害をトリガーとした二重機能型抗がん剤の開発
  4. ジボリルメタンに一挙に二つの求電子剤をくっつける
  5. アメリカ化学留学 ”立志編 ー留学の種類ー̶…
  6. とある化学者の海外研究生活:イギリス編
  7. カルボン酸だけを触媒的にエノラート化する
  8. 創薬開発で使用される偏った有機反応

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. PACIFICHEM2010に参加してきました!④
  2. フェリエ転位 Ferrier Rearrangement
  3. ストックホルム国際青年科学セミナー・2018年の参加学生を募集開始
  4. 大鵬薬品、米社から日本での抗癌剤「アブラキサン」の開発・販売権を取得
  5. アザジラクチンの全合成
  6. 化学研究ライフハック :RSSリーダーで新着情報をチェック!2015年版
  7. 一般人と化学者で意味が通じなくなる言葉
  8. デミヤノフ転位 Demjanov Rearrangement
  9. [2+2]光環化反応 [2+2] Photocyclization
  10. ロジャーアダムス賞・受賞者一覧

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開

ケンブリッジ結晶学データセンターとFIZ Karlsruhe は,無償で利用できる結晶データの登録・…

可視光で芳香環を立体選択的に壊す

キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しなが…

科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

2018年7月18日、フランス大使公邸にて2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞の授賞…

クリストフ・レーダー Christoph Rader

クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分…

2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Protecting Group

概要2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル(2-(trimethylsilyl)ethoxy…

即戦力のコンパクトFTIR:IRSpirit

化合物の合成や構造決定に勤しんでいる読者の皆様。最近、島津製作所から新しいFTIR(フーリエ変換赤外…

PAGE TOP