[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

Callipeltosideの全合成と構造訂正

callipeltoside.gif

callipeltoside1.gif

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 5配位ケイ素間の結合
  2. 光と熱で固体と液体を行き来する金属錯体
  3. 芳香族求核置換反応で18Fを導入する
  4. 地球温暖化が食物連鎖に影響 – 生態化学量論の視点か…
  5. 個性あるTOC
  6. 比色法の化学(前編)
  7. 銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反…
  8. 有機化合物で情報を記録する未来は来るか

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. パッセリーニ反応 Passerini Reaction
  2. 自励振動ポリマーブラシ表面の創製
  3. 生合成研究の記事まとめ
  4. 化学者の卵に就職活動到来
  5. 分子びっくり箱
  6. マッチ博物館
  7. シリカゲル担持4-ヒドロキシ-TEMPOを用いたアルコール類の空気酸化反応
  8. 化学するアタマ―論理的思考力を鍛える本
  9. (+)-フォーセチミンの全合成
  10. プロセス化学ー合成化学の限界に挑戦するー

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP