[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

Callipeltosideの全合成と構造訂正

callipeltoside.gif

callipeltoside1.gif

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より
  2. UCリアクター「UCR-150N」:冷媒いらずで-100℃!
  3. Lectureship Award MBLA 10周年記念特別講…
  4. START your chemi-storyー日産化学工業会社説…
  5. 地方の光る化学企業 ~根上工業殿~
  6. 「医薬品クライシス」を読みました。
  7. 既存の農薬で乾燥耐性のある植物を育てる
  8. 顕微鏡で有機分子の形が見えた!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クリンコヴィッチ反応 Kulinkovich Reaction
  2. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation
  3. ディーン・タンティロ Dean J. Tantillo
  4. L・スターンバック氏死去 精神安定剤開発者
  5. 半導体・センシング材料に応用可能なリン複素環化合物の誘導体化
  6. 高機能・高性能シリコーン材料創製の鍵となるシロキサン結合のワンポット形成
  7. 新薬と併用、高い効果
  8. 鉄錯体による触媒的窒素固定のおはなし-1
  9. 2012年の被引用特許件数トップ3は富士フイルム、三菱化学、積水化学
  10. 緑色蛍光タンパク質を真似してRNAを光らせる

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP