[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

Callipeltosideの全合成と構造訂正

[スポンサーリンク]

callipeltoside.gif

callipeltoside1.gif

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「関口存男」 ~語学の神様と言われた男~
  2. C-CN結合活性化を介したオレフィンへの触媒的不斉付加
  3. 世界が終わる日までビスマス
  4. 細胞を模倣したコンピューター制御可能なリアクター
  5. 目が見えるようになる薬
  6. 二酸化炭素をはきだして♪
  7. 不正の告発??
  8. お”カネ”持ちな会社たちー2

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体
  2. ノリッシュ・ヤン反応 Norrish-Yang Reaction
  3. 2006年度ノーベル化学賞-スタンフォード大コンバーク教授に授与
  4. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich
  5. 含ケイ素三重結合化合物(Si≡Mo、Si≡C)
  6. 相原静大教授に日本化学会賞 芳香族の安定性解明
  7. 第18回「化学の職人」を目指すー京都大学 笹森貴裕准教授
  8. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification
  9. スコット・デンマーク Scott E. Denmark
  10. 京都大学人気講義 サイエンスの発想法

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP