[スポンサーリンク]


2018年 11月 20日

  1. 専門家要らず?AIによる圧倒的高速なスペクトル解釈

    第169回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士課程・清原慎さんにお願いしました。これまで科学的営みは実験主導によって導かれてきた面が多くあります。しかしIT技術の発達した現代では、AIや機械の導入によって得ら…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「日本化学連合」が発足、化学系学協会18団体加盟
  2. 東工大発、光を操るイミド化合物/光で創られるロジウムアート錯体
  3. 製薬各社 2011年度 第2四半期決算
  4. 環境省、04年版「化学物質ファクトシート」作成
  5. アルミニウムで水素分子を活性化する
  6. ギ酸ナトリウムでconPETを進化!
  7. 抗アレルギー薬「アレジオン」の販売、BIに一本化

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP