[スポンサーリンク]


2019年 5月 06日

  1. 光触媒-ニッケル協働系によるシステイン含有ペプチドのS-アリール化

    2018年、ペンシルバニア大学・Gary A. Molanderらは、無保護ペプチドに対し可視光レドックス―ニッケル協働触媒系を用いて、ハロゲン化アリールによるシステイン側鎖修飾反応を達成した。“Scalable thioarylati…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. エルマンイミン Ellman’s Imine
  2. 有機EL、寿命3万時間 京セラ開発、18年春に量産開始
  3. 5-ヒドロキシトリプトファン選択的な生体共役反応
  4. “マイクロプラスチック”が海をただよう その1
  5. 耐熱性生分解プラスチック開発 150度でも耐用 阪大
  6. 第168回―「化学結晶学から化学結合を理解する」Guru Row教授
  7. 2008年ノーベル化学賞『緑色蛍光タンパクの発見と応用』

注目情報

最新記事

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

マテリアルズ・インフォマティクスで用いられる統計[超入門]-研究者が0から始めるデータの見方・考え方-

開催日:2022/07/06 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

PAGE TOP