[スポンサーリンク]

archives

4-メルカプト安息香酸:4-Mercaptobenzoic Acid

4-Mercaptobenzoic Acid



無臭の芳香族チオールを用いたニトロベンゼンスルホニル基の脱保護反応

野出らはアミノ基の保護基あるいは活性基として利用されているノシル基の新しい脱保護法を報告しています。それによれば,無臭の芳香族チオールである4-メルカプト安息香酸を用いることによりノシル基が選択的に脱保護されています。この脱ノシル化反応は,温和な条件で進行しかつ副生成物の除去が容易な有用な脱保護法です。
M. Matoba, T. Kajimoto, M. Node,?Synth. Communm.,?2008,?38, 1194.

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】
  2. AZADOLR ~ 高活性なアルコール酸化触媒
  3. リチウムイオン電池の正極・負極≪活物質技術≫徹底解説セミナー
  4. 有機薄膜太陽電池の”最新”開発動向
  5. ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成
  6. 低分子ゲル化剤の特性・活用と、ゲル化・増粘の基礎【終了】
  7. ケムステ国際版・中国語版始動!
  8. Reaxys無料トライアル実施中!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「男性型脱毛症薬が登場」新薬の承認を審議
  2. 杏林製薬 耳鳴り治療薬「ネラメキサン」の開発継続
  3. 研究室でDIY! ~明るい棚を作ろう~
  4. ヘゲダス遷移金属による有機合成
  5. ITを駆使して新薬開発のスピードアップを図る米国製薬業界
  6. ネフ反応 Nef Reaction
  7. 表現型スクリーニング Phenotypic Screening
  8. チオール-エン反応 Thiol-ene Reaction
  9. 東大薬小林教授がアメリカ化学会賞を受賞
  10. 吉田潤一 Jun-ichi Yoshida

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP