[スポンサーリンク]

archives

4-メルカプト安息香酸:4-Mercaptobenzoic Acid

4-Mercaptobenzoic Acid



無臭の芳香族チオールを用いたニトロベンゼンスルホニル基の脱保護反応

野出らはアミノ基の保護基あるいは活性基として利用されているノシル基の新しい脱保護法を報告しています。それによれば,無臭の芳香族チオールである4-メルカプト安息香酸を用いることによりノシル基が選択的に脱保護されています。この脱ノシル化反応は,温和な条件で進行しかつ副生成物の除去が容易な有用な脱保護法です。
M. Matoba, T. Kajimoto, M. Node,?Synth. Communm.,?2008,?38, 1194.

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 高分子材料中の微小異物分析技術の実際【終了】
  2. MNBA脱水縮合剤
  3. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合
  4. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬
  5. 9,10-Dihydro-9,10-bis(2-carboxye…
  6. 亜鉛トリフラート触媒:Zinc Triflate
  7. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(penta…
  8. 【予告】ケムステ新コンテンツ「元素の基本と仕組み」

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. picoSpin世界最小NMRシステムの販売開始
  2. ストリゴラクトン : strigolactone
  3. パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開
  4. 科学を魅せるーサイエンスビジュアリゼーションー比留川治子さん
  5. ブロック共重合体で無機ナノ構造を組み立てる
  6. 第19回 有機エレクトロニクスを指向した合成 – Glen Miller
  7. 安全なジアゾ供与試薬
  8. 沈 建仁 Jian-Ren Shen
  9. 山口健太郎 Kentaro Yamaguchi
  10. ピラーアレーン

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成反応で乳がん手術を改革

理化学研究所(理研)、大阪大学、カザン大学の国際共同研究グループは、乳がんの手術中に摘出した組織で有…

有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年12月号がオンライン公開されました。…

Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

This is what happened when I went to visit a giant…

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第174回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

PAGE TOP