[スポンサーリンク]

archives

4-メルカプト安息香酸:4-Mercaptobenzoic Acid

[スポンサーリンク]

4-Mercaptobenzoic Acid



無臭の芳香族チオールを用いたニトロベンゼンスルホニル基の脱保護反応

野出らはアミノ基の保護基あるいは活性基として利用されているノシル基の新しい脱保護法を報告しています。それによれば,無臭の芳香族チオールである4-メルカプト安息香酸を用いることによりノシル基が選択的に脱保護されています。この脱ノシル化反応は,温和な条件で進行しかつ副生成物の除去が容易な有用な脱保護法です。
M. Matoba, T. Kajimoto, M. Node,?Synth. Communm.,?2008,?38, 1194.

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. バトフェナントロリン:Bathophenanthroline
  2. Shvo触媒 : Shvo’s Catalyst
  3. (S,S)-DACH-phenyl Trost ligand
  4. (R,R)-DIPAMP
  5. トリフルオロメタンスルホン酸ベンゾイル:Benzoyl Trif…
  6. トリフルオロメタンスルホン酸ランタン(III):Lanthanu…
  7. 芳香環シラノール
  8. テトラブチルアンモニウムジフルオロトリフェニルシリカート:Tet…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ピーター・ジーバーガー Peter H. Seeberger
  2. 外国人研究者あるある
  3. 超高速レーザー分光を用いた有機EL発光材料の分子構造変化の実測
  4. 創薬人育成サマースクール2019(関東地区) ~くすりを創る研究の醍醐味を知る!~
  5. オリンピセン (olympicene)
  6. フローシステムでペプチド合成を超高速化・自動化
  7. 臭素系難燃剤など8種を禁止 有害化学物質の規制条約
  8. 反応中間体の追跡から新反応をみつける
  9. 2009年5月人気化学書籍ランキング
  10. アルデヒドからアルキンをつくる新手法

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

引っ張ると白色蛍光を示すゴム材料

第204回のスポットライトリサーチは、北海道大学電子科学研究所 助教・相良 剛光 先生にお願いしまし…

強塩基条件下でビニルカチオン形成により5員環をつくる

LiHMDSと弱配位性アニオン塩触媒を用いた分子内C–H挿入反応が開発された。系内で調製したリチウム…

韓国へ輸出される半導体材料とその優遇除外措置について

経済産業省は1日、日韓の信頼関係が著しく損なわれたと判断し、韓国向けの輸出管理を強化すると発表した。…

Mestre NovaでNMRを解析してみよう

日本ではJEOLのマシンが普及していることもあり、DeltaでNMRの解析をしている人が多いとは思い…

奈良坂・プラサード還元 Narasaka-Prasad Reduction

概要βヒドロキシケトンを立体選択的に還元し、syn-1,3-ジオールを与える方法。anti-1,…

CASがSciFinder-nの画期的逆合成プランナーの発表で研究・開発の生産性向上を促進

CAS launched a computer-aided retrosynthetic analy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP