[スポンサーリンク]

archives

4-メルカプト安息香酸:4-Mercaptobenzoic Acid

4-Mercaptobenzoic Acid



無臭の芳香族チオールを用いたニトロベンゼンスルホニル基の脱保護反応

野出らはアミノ基の保護基あるいは活性基として利用されているノシル基の新しい脱保護法を報告しています。それによれば,無臭の芳香族チオールである4-メルカプト安息香酸を用いることによりノシル基が選択的に脱保護されています。この脱ノシル化反応は,温和な条件で進行しかつ副生成物の除去が容易な有用な脱保護法です。
M. Matoba, T. Kajimoto, M. Node,?Synth. Communm.,?2008,?38, 1194.

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. スマホページをリニューアルしました
  2. ジメシチルフルオロボラン:Dimesitylfluorobora…
  3. ビス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(II)ジクロリド:Bi…
  4. 2,9-ジブチル-1,10-フェナントロリン:2,9-Dibut…
  5. トップデザイン変更
  6. 日本化学会ケムステイブニングミキサーへのお誘い
  7. ジブロモイソシアヌル酸:Dibromoisocyanuric A…
  8. リチウムイオン電池正極材料の開発動向

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 農薬DDTが大好きな蜂
  2. 米デュポンの第2四半期は減益、市場予想を下回る
  3. 田辺シリル剤
  4. 化学は切手と縁が深い
  5. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より
  6. トリプトファン選択的タンパク質修飾反応 Trp-Selective Protein Modification
  7. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso
  8. ジョージ・チャーチ George M. Church
  9. Imaging MS イメージングマス
  10. 高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する

第160回目のスポットライトリサーチは、連名での登場です。理化学研究所の五月女 宜裕 さん・島津 忠…

PAGE TOP