[スポンサーリンク]


2019年 11月 09日

  1. 光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

    可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため、医薬品や天然物の合成への応用が期待される。ミニスキ反応の進展N–ヘテロ環化合物は天然物や医薬品に頻出する重要骨格である。触媒に硝酸…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 3Mとはどんな会社? 2021年版
  2. 不溶性アリールハライドの固体クロスカップリング反応
  3. t-ブチルリチウムの発火事故で学生が死亡
  4. 化学のちからで抗体医薬を武装する
  5. 硫黄化合物で新めっき 岩手大工学部
  6. 第68回―「医療応用を志向したスマート高分子材料の開発」Cameron Alexander教授
  7. 抗生物質の話

注目情報

最新記事

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

PAGE TOP