[スポンサーリンク]

ケムステニュース

化学に触れる学びのトレイン“愛称”募集

[スポンサーリンク]

株式会社キャタラーは「天竜浜名湖鉄道」×「大島司先生(掛川市ふるさと親善大使)」×「キャタラー」のコラボレーション企画 『化学に触れる学びのトレイン』の愛称募集を行っている。この企画は、CSR活動のひとつとして、「シティープロモーション」 「子ども・青少年の育成支援」 「環境保全」を目的としたもので、特設サイト内の応募フォームにて、地域の皆様から愛される列車名称を5月31日まで募集している。(引用:株式会社キャタラー公式サイト)

キャタラーは、自動車向け排出ガス浄化用触媒を開発・製造しているトヨタ系の化学メーカーで、静岡県掛川市に本社兼工場があります。列車名称を募集している天竜浜名湖鉄道は掛川市と湖西市をつなぐ私鉄であり、このコラボ企画では漫画家である大島司さんデザインのラッピングや内装が施された電車が走る予定です。この活動の目的は、

  • シティプロモーション:日本全国で初となる交通機関×学びプロジェクトとして沿線地域のプロモーション
  • 子ども・青少年の育成支援:地域で理科(化学)がキライな子ども苦手な子どもを減少させるための教育活動
  • 環境保全:研究開発によって車の排気ガスや身近にある臭いをクリーンにすることで地球環境の保全に貢献

のようなことであるため、化学に触れる学びのトレインにふさわしく、地域から愛されるような愛称を募集しています。採用された愛称は車内に掲示され、沿線特産品として掛川茶、マスクメロン、釜揚げシラス、ミカンゼリー、ウナギの蒲焼とキャタラーオリジナル文房具セットが採用された方に贈られます。公式サイトより応募することができ、締め切りは2018年5月31日で、6月15日に発表されます。

大企業を中心に様々なCSR活動が行われていますが、これは地域に密着している上、オリジナリティが高い活動だと思います。また、上記の通りキャタラーは、自動車向けの排ガス浄化触媒を開発しているにもかかわらずあえて電車を用いたことも大変興味深いです。ぜひ化学が好きになるような電車の名称を考えてみませんか。

関連書籍

関連リンク

 

関連記事

  1. メルク、主力薬販売停止で15%減益
  2. 製薬各社の被災状況
  3. 大日本住友製薬が発足 業界5位、将来に再編含み
  4. 2017年の有機ELディスプレイ世界市場は11年比6.6倍の2兆…
  5. 日本コンピュータ化学会2005秋季年会
  6. 有望ヘリウム田を発見!? ヘリウム不足解消への希望
  7. スイス・ロシュの1―6月期、純利益4%増
  8. エーザイ、米国で抗てんかん剤「Banzel」(ルフィナミド)の小…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Medical Gases: Production, Applications, and Safety
  2. 音声入力でケムステ記事を書いてみた
  3. 13族元素含有ベンゼンの合成と性質の解明
  4. ピナー ピリミジン合成 Pinner Pyrimidine Synthesis
  5. 水 (water, dihydrogen monoxide)
  6. 日本薬学会第138年会 付設展示会ケムステキャンペーン
  7. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective Protein Modification
  8. 独バイエル、世界全体で6100人を削減へ
  9. 第12回 金属錯体から始まる化学ー伊藤肇教授
  10. 世界初 ソフトワーム用自発光液 「ケミホタルペイント」が発売

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP