[スポンサーリンク]


2020年 2月 07日

  1. ヒドリド転位型C(sp3)-H結合官能基化を駆使する炭素中員環合成

    第246回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学部・大多和 柚奈さんにお願いしました。大多和さんの所属する森研究室では、有機合成上重要度の高い化学変換、すなわち触媒的C(sp3)–H 変換法の開発に取り組んでいます。今回…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. プラサナ・デ・シルバ A Prasanna de Silva
  2. 化学者のためのエレクトロニクス講座~無線の歴史編~
  3. アダム・コーエン Adam E. Cohen
  4. 研究室の大掃除マニュアル
  5. 激レア!?アジドを含む医薬品 〜世界初の抗HIV薬を中心に〜
  6. フタロシアニン phthalocyanine
  7. 第96回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

PAGE TOP