[スポンサーリンク]


2020年 4月 10日

  1. Carl Boschの人生 その6

    Tshozoです。安価で活性の高い触媒を見出した前回のつづき、早速いきます。(2)産業界との連携-1 鉄鋼メーカとの連携本書と順番は違うのですが記述量の関係から先にこの点を(Holdermann本では、(1)触媒探索の後は高圧リアク…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 分子糊 モレキュラーグルー (Molecular Glue)
  2. 海洋天然物パラウアミンの全合成
  3. ケムステイブニングミキサー2016を終えて
  4. 抗ガン天然物インゲノールの超短工程全合成
  5. ルテニウム触媒によるC-C結合活性化を介した水素移動付加環化型カップリング
  6. 第150回―「触媒反応機構を解明する計算化学」Jeremy Harvey教授
  7. 第96回―「発光機能を示す超分子・ナノマテリアル」Luisa De Cola教授

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

PAGE TOP