[スポンサーリンク]


2020年 9月 13日

  1. 第118回―「糖鎖のケミカルバイオロジーを追究する」Carolyn Bertozzi教授

    第118回の海外化学者インタビューは、キャロライン・ベルトッツィ教授です。カリフォルニア大学バークレー校化学科(訳注:現在はスタンフォード大学化学科)に所属し、生体内分子を調べるための化学ツールの開発や、糖鎖生物学、マイコバクテリア代謝、ナ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. フォン・ペックマン反応 von Pechmann Reaction
  2. 同位体効果の解釈にはご注意を!
  3. エレクトライド:大量生産に道--セメント原料から次世代ディスプレーの材料
  4. どっちをつかう?:in spite ofとdespite
  5. ダキン・ウェスト反応 Dakin-West Reaction
  6. ポロノフスキー開裂 Polonovski Fragmentation
  7. いざ、低温反応!さて、バスはどうする?〜水/メタノール混合系で、どんな温度も自由自在〜

注目情報

最新記事

【ジーシー】新卒採用情報(2023卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

有機合成のための新触媒反応101

(さらに…)…

化学者のためのエレクトロニクス講座~電解ニッケルめっき編~

この化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLEDなど、エレク…

その病気、市販薬で治せます

(さらに…)…

チェーンウォーキングを活用し、ホウ素2つを離れた位置へ導入する!

第350回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院理工学研究科 博士課程 2 …

PAGE TOP