[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

第八回ケムステVシンポジウム「有機無機ハイブリッド」を開催します!

[スポンサーリンク]

夏真っ盛りですね。某ウイルスのもろもろに目を奪われがちですが、この季節は熱中症にも気をつけましょう。普段より水分補給を忘れないようにしてください。

さて、次回のケムステVシンポジウムの開催告知です!

第8回ケムステVシンポジウムは、なんと日本セラミックス協会との共催です。セラミックスは、様々な場面で我々の日常生活を支えてくれています。筆者はこの記事を書きながらお茶を飲んでいるのですが、よく考えると今手に取った湯呑みもセラミックスです。いわゆる無機材料/合成の分野なわけですが、有機化学のイメージが強いChem-Stationと共催というのは意外に思われる方もいるかもしれません。しかし、融合研究がますます盛んになってきている今、もはや有機だ無機だと分野に線引きするよりも、分野を飛び越えてお互い学びあうマインドセットを持つべきでしょう。実際、例えば有機と無機の知見を合わせることで、新しい機能を持った新材料を創成することも盛んにされています。

今回、Vシンポを聴講くださった日本セラミックス協会の方から連絡があり、是非共催という形でVシンポジウムを開催してみたいという運びとなりました。話し合った結果、テーマとして今回掲げるのは「有機無機ハイブリッド」。分野間の橋渡しとして最高のテーマ設定をいただけました。有機化学と無機化学の境界の魅力と研究の最前線を、三人の先生方にご紹介いただけます! 融合材料の新境地の風を感じる、またとない機会となることでしょう。どうぞ奮ってご登録ください!

実施概要

第八回ケムステVシンポジウム

「有機無機ハイブリッド」

開催日:2020年8月28日(金)18:00〜20:00
会場:オンライン
・講演者はZoom使用・YouTube Liveの限定URL配信
・録画は10日間ほど限定公開
・URLは開催前日21時ごろに配布(前日21時以降の登録者には、開始10分前に送付)
定員:先着2000名(途中参加・退出・時間差視聴自由)
言語:日本語
参加費:無料
講演者:
中西 和樹 先生(名大・未来研)「有機無機ハイブリッドエアロゲル ~透明超断熱材料~」
下嶋 敦 先生(早大・理工)「有機シロキサンの精密構造制御と機能開拓」
高橋 雅英 先生(大阪府大・工)「有機-無機界面制御による機能性材料の新展開」

講演時間:各25〜30分程度(質疑応答を含む)

参加登録:Connpassイベントページで行ってください・当日17:45まで受付Connpass利用ガイドはこちら

Vシンポ参加登録はこちら

*参加登録してURLさえゲットすれば、YouTube Liveに間に合わなくても視聴できますので、是非参加登録をお願いします。

Twitterハッシュタグ:#ケムステVシンポ #有機無機ハイブリッド

主催:Chem-Station
共催:日本セラミックス協会
協賛:東京化成工業株式会社 / メルク(Sigma-Aldrich) / 島津製作所
ファシリテーター:長谷川 丈二(名大工・特任准教授)
モデレーター:村松 佳祐(早大理工・博士課程学生)、生垣 賢(大府大工・博士課程学生)、寄能 大祐(大府大工・博士課程学生)

Live配信後の動画の取り扱い

配信の後日、講演者が希望する範囲で編集した動画をYouTubeケムステチャンネルにアップします。

是非、ご視聴・チャンネル登録・高評価お願いします!

共催団体からのお知らせ

日本セラミックス協会

    • 第33回秋季シンポジウム 2020年9月2日(水)~4日(金)
      登録はこちら https://sites.google.com/view/fall33
      8月17日(月)より当日参加登録の受付を開始予定
      どなたでもご参加頂けます! ※会員資格により参加費は異なります。

協賛企業からのお知らせ

東京化成工業

    •  ウェブサイトをリニューアルしました。ぜひお越しください。
      弊社では,有機無機ハイブリッド研究のための製品パンフレットをご用意しています。
      シランカップリング剤の製品パンフレットはこちら https://bit.ly/3kFqRQr
      ケイ素化合物の製品パンフレットはこちら https://bit.ly/30TMLaZ

メルク(Sigma-Aldrich)

  • 今年で創刊15年を迎えるMaterial Matters。材料科学研究者の方々のための季刊ニュースレターです。世界各国の第一線の研究者が研究結果やその分野の最新情報を執筆します。
    詳しくはこちら

島津製作所

 

今年で創業145周年を迎えました。
人々の願いを実現し、社会に貢献するために。
島津製作所はこれからも挑戦を続けていきます。
→詳しくはこちら
分析計測技術に関するWebinar動画を公開中!
会員制サービス「Shim-Solutions Club」に是非ご登録下さい(登録無料)。
→詳しくはこちら

 

お願い:本Vシンポは協賛企業の支援を受けて完全無料で運営しています。ぜひ協賛企業のウェブサイトを訪問してください。

関連リンク

中西 和樹

下嶋 敦

高橋 雅英

spectol21

投稿者の記事一覧

ニューヨークでポスドクやってました。今は旧帝大JK。専門は超高速レーザー分光で、分子集合体の電子ダイナミクスや、有機固体と無機固体の境界、化学反応の実時間観測に特に興味を持っています。

関連記事

  1. 癸巳の年、世紀の大発見
  2. カーボン系固体酸触媒
  3. C–H活性化反応ーChemical Times特集より
  4. 光有機触媒で開環メタセシス重合
  5. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(6年目)(留学後編)…
  6. ファージディスプレイでシステイン修飾法の配列選択性を見いだす
  7. −(マイナス)と協力して+(プラス)を強くする触媒
  8. BO triple bond

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Chemical Science誌 創刊!
  2. ブレイズ反応 Blaise Reaction
  3. 塩化ラジウム223
  4. 世界初!反転層型ダイヤMOSFETの動作実証に成功
  5. Handbook of Reagents for Organic Synthesis: Reagents for Heteroarene Functionalization
  6. 混合試料から各化合物のスペクトルを得る(DOSY法)
  7. 架橋シラ-N-ヘテロ環合成の新手法
  8. キラルアミンを一度に判別!高分子認識能を有するPd錯体
  9. 1と2の中間のハナシ
  10. 名古屋メダル―受賞者一覧

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

吉岡里帆さん演じる「化学大好きDIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」シリーズ、第2弾公開!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2021年1月より、数々のヒット作に出演し、…

第14回ケムステVシンポ「スーパー超分子ワールド」を開催します!

ケムステーションをご覧の方々、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます…

【日産化学】新卒採用情報(2022卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造|オンライン R2

詳細・お申込みはこちら日時令和3年 2月18日、25日(木) 基礎編        …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP