[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第118回―「糖鎖のケミカルバイオロジーを追究する」Carolyn Bertozzi教授

[スポンサーリンク]

第118回の海外化学者インタビューは、キャロライン・ベルトッツィ教授です。カリフォルニア大学バークレー校化学科(訳注:現在はスタンフォード大学化学科)に所属し、生体内分子を調べるための化学ツールの開発や、糖鎖生物学、マイコバクテリア代謝、ナノテクノロジー分野における特定のプロジェクトに取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

大学では生物学を専攻していましたが、その中に有機化学の必修科目が含まれていました。その年、優秀な教授陣のおかげで有機化学の勉強が好きになり、専攻を化学に変えました。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

もし才能があれば、プロのロックミュージシャン、できればエレキベース(人生の半ばの危機状況で買ったのですが、いまだに弾き方がわかりません)に間違いなくなるでしょうね。そうでなければ、プロのスポーツチームのスタッフとして、アナリストかスカウトとして働きます。理想はサッカーですが、野球でも良いですね。

Q. 現在取り組んでいることは何ですか?そしてそれをどう展開させたいですか?

我々は、生体内糖鎖をイメージングする戦略に大きく投資しています。ゼブラフィッシュの発生モデルでこれに取り組み、この技術をヒトの疾患の診断イメージングに応用したいと考えています。また、高度に複雑な体液から病気のバイオマーカーを明らかにしうる、糖鎖修飾のプロテオミクス解析法も開発しました。ナノサイエンスの分野では、質量分析法を用いてナノメートルスケールで組織イメージングを行う方法の開発に取り組んでいます。他にもたくさんの研究を行っています。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

私の父方の祖母です。彼女は世界でいわれるような「歴史的存在」ではありません。しかし祖母のことをよく知らなかったということもあり、彼女は我が家では伝説的な存在でした。祖母は私が小学生の時に亡くなりましたが、子供時代の私は祖母とコミュニケーションを取るのに十分な英語を話すことができませんでした。祖母の簡単な話はこうでした。1920年代のムッソリーニファシスト政権下で、祖母はイタリアからアメリカに逃げてきました。祖母はイタリアの社会党に積極的に参加し、女性の労働力への参入を促進するために、イタリア初のデイケアセンターの建設を支援しました。しかし、その政治的同盟は自らの命を危険にさらしたため、19歳の時に文盲の農民を装い、船でアメリカに逃亡しました。ボストンに上陸した後、祖母は夫と出会い、恐慌時代(酒の密売もしていたようです)に5人の子供をもうけ、(娘たちも含めて)全員を全額奨学金で大学や大学院に行かせ、末っ子の父がMITの物理学教授になるまで生きました。イタリア料理を食べながら、祖母の話を直接聞くことができたら、どんなに素晴らしい経験になるでしょう。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

1996年頃、大学院生が必要としていた出発原料をスケールアップ合成しました。その後、気の入らない実験的試みを何度かして学生たちから批判を受け、それからは学生たちに頼りきりです。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

音楽:ビートルズのアルバム『リボルバー』にします。

本:期間限定で追放された場合は、『戦争と平和』にします。そういう機会でもなければ、決して読み終えることはありませんね。無期限に追放された場合は、きっと成人向けの何かにしますね。

Q.「Reactions」でインタビューしてほしい化学者と、その理由を教えてください。

同僚の Richmond Sarpongです。Dancing with the Starsというシークレットキャリアへの願望を彼が公の場で認めるか見てみたいです。

 

原文:Reactions –  Erin Carlson

※このインタビューは2009年6月5日に公開されました。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第61回―「デンドリマーの化学」Donald Tomalia教授…
  2. 第62回―「再生医療・ドラッグデリバリーを発展させる高分子化学」…
  3. 第86回―「化学実験データのオープン化を目指す」Jean-Cla…
  4. 第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clay…
  5. 第63回―「生物のコミュニケーションを司る天然物化学」矢島 新 …
  6. 第11回 触媒から生命へー金井求教授
  7. 第33回 新たな手法をもとに複雑化合物の合成に切り込む―Stev…
  8. 第96回―「発光機能を示す超分子・ナノマテリアル」Luisa D…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クラウス・ビーマン Klaus Biemann
  2. とある農薬のはなし「クロロタロニル」について 
  3. 相田 卓三 Takuzo Aida
  4. もう入れたよね?薬学会年会アプリ
  5. ヒノキチオール (hinokitiol)
  6. フェネストレンの新規合成法
  7. 総合化学大手5社の前期、4社が経常減益
  8. CO2を用いるアルキルハライドの遠隔位触媒的C-Hカルボキシル化
  9. ギー・ベルトラン Guy Bertrand
  10. 発展が続く新型コロナウィルス対応

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2021年4月号:共有結合・ゲル化剤・Hoveyda-Grubbs型錯体・糸状菌ジテルペノイドピロン・Teleocidin B

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年4月号がオンライン公開されました。新…

第144回―「CO2を捕捉する多孔性金属-有機構造体の開発」Myunghyun Paik Suh教授

第144回の化学者インタビューは、ミョンヒョン・パク・ソ教授です。韓国のソウル大学で化学を専攻し、有…

ガラス器具を見積もりできるシステム導入:旭製作所

化学実験に欠かせないガラス器具。自分の使いやすいようにカスタマイズしたいと思いませんか? 昔は大学に…

陰イオン認識化学センサーの静水圧制御に成功~高選択的な分子検出法を確立~

東京工業大学 理学院 化学系の木下 智和 大学院生、福原 学 准教授、立命館大学の前田 大光 教授ら…

第143回―「単分子エレクトロニクスと化学センサーの研究」Nongjian (NJ) Tao 教授

第143回の化学者インタビューは、ノンジャン・タオ教授です。アリゾナ州立大学バイオデザイン研究所バイ…

不溶性アリールハライドの固体クロスカップリング反応

第305回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院工学研究院 (伊藤研究室)・瀬尾 珠恵さんにお…

化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

hodaです。今回は筆者の勉強用に読んだ機械学習関連の書籍を紹介します。概要本書は、…

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP