[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第118回―「糖鎖のケミカルバイオロジーを追究する」Carolyn Bertozzi教授

[スポンサーリンク]

第118回の海外化学者インタビューは、キャロライン・ベルトッツィ教授です。カリフォルニア大学バークレー校化学科(訳注:現在はスタンフォード大学化学科)に所属し、生体内分子を調べるための化学ツールの開発や、糖鎖生物学、マイコバクテリア代謝、ナノテクノロジー分野における特定のプロジェクトに取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

大学では生物学を専攻していましたが、その中に有機化学の必修科目が含まれていました。その年、優秀な教授陣のおかげで有機化学の勉強が好きになり、専攻を化学に変えました。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

もし才能があれば、プロのロックミュージシャン、できればエレキベース(人生の半ばの危機状況で買ったのですが、いまだに弾き方がわかりません)に間違いなくなるでしょうね。そうでなければ、プロのスポーツチームのスタッフとして、アナリストかスカウトとして働きます。理想はサッカーですが、野球でも良いですね。

Q. 現在取り組んでいることは何ですか?そしてそれをどう展開させたいですか?

我々は、生体内糖鎖をイメージングする戦略に大きく投資しています。ゼブラフィッシュの発生モデルでこれに取り組み、この技術をヒトの疾患の診断イメージングに応用したいと考えています。また、高度に複雑な体液から病気のバイオマーカーを明らかにしうる、糖鎖修飾のプロテオミクス解析法も開発しました。ナノサイエンスの分野では、質量分析法を用いてナノメートルスケールで組織イメージングを行う方法の開発に取り組んでいます。他にもたくさんの研究を行っています。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

私の父方の祖母です。彼女は世界でいわれるような「歴史的存在」ではありません。しかし祖母のことをよく知らなかったということもあり、彼女は我が家では伝説的な存在でした。祖母は私が小学生の時に亡くなりましたが、子供時代の私は祖母とコミュニケーションを取るのに十分な英語を話すことができませんでした。祖母の簡単な話はこうでした。1920年代のムッソリーニファシスト政権下で、祖母はイタリアからアメリカに逃げてきました。祖母はイタリアの社会党に積極的に参加し、女性の労働力への参入を促進するために、イタリア初のデイケアセンターの建設を支援しました。しかし、その政治的同盟は自らの命を危険にさらしたため、19歳の時に文盲の農民を装い、船でアメリカに逃亡しました。ボストンに上陸した後、祖母は夫と出会い、恐慌時代(酒の密売もしていたようです)に5人の子供をもうけ、(娘たちも含めて)全員を全額奨学金で大学や大学院に行かせ、末っ子の父がMITの物理学教授になるまで生きました。イタリア料理を食べながら、祖母の話を直接聞くことができたら、どんなに素晴らしい経験になるでしょう。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

1996年頃、大学院生が必要としていた出発原料をスケールアップ合成しました。その後、気の入らない実験的試みを何度かして学生たちから批判を受け、それからは学生たちに頼りきりです。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

音楽:ビートルズのアルバム『リボルバー』にします。

本:期間限定で追放された場合は、『戦争と平和』にします。そういう機会でもなければ、決して読み終えることはありませんね。無期限に追放された場合は、きっと成人向けの何かにしますね。

Q.「Reactions」でインタビューしてほしい化学者と、その理由を教えてください。

同僚の Richmond Sarpongです。Dancing with the Starsというシークレットキャリアへの願望を彼が公の場で認めるか見てみたいです。

 

原文:Reactions –  Erin Carlson

※このインタビューは2009年6月5日に公開されました。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第83回―「新たな電池材料のモデリングと固体化学」Saiful …
  2. 第161回―「C-H官能基化と脱芳香族化を鍵反応とする天然物合成…
  3. 第99回―「配位子設計にもとづく研究・超分子化学」Paul Pl…
  4. 第76回―「化学を広める雑誌編集者として」Neil Wither…
  5. 第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn…
  6. 第156回―「異種金属―有機構造体の創製」Stéphane Ba…
  7. 第128回―「二核錯体を用いる触媒反応の開発」George St…
  8. 第24回「アルキル-πエンジニアリングによる分子材料創成」中西尚…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アメリカ大学院留学:実験TAと成績評価の裏側
  2. アラインをパズルのピースのように繋げる!
  3. わずか6工程でストリキニーネを全合成!!
  4. 即戦力のコンパクトFTIR:IRSpirit
  5. 緑膿菌の代謝産物をヒトの薬剤に
  6. クラベ アレン合成 Crabbe Allene Synthesis
  7. ウッドワード・ホフマン則を打ち破る『力学的活性化』
  8. 化学するアタマ―論理的思考力を鍛える本
  9. 第155回―「化学結合と反応性を理論化学で理解する」Sason Shaik教授
  10. 「石油化学」の新ネーミング募集!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目情報

注目情報

最新記事

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

ガラス工房にお邪魔してみたー匠の技から試験管制作体験までー

実験器具を試して見たシリーズ第10弾! ついにシリーズ10回目を迎えました。今回は特別編です…

ダイセルよりサステナブルな素材に関する開発成果と包括的連携が発表される

株式会社ダイセルは、環境にやさしい酢酸セルロースを当社独自の技術で加工した真球状微粒子を開発し、20…

市販の化合物からナノグラフェンライブラリを構築 〜新反応によりナノグラフェンの多様性指向型合成が可能に〜

第345回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院理学研究院 理論化学研究室(前田・高橋研究室)…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP