[スポンサーリンク]

K

クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthesis

 

概要

α-アミノケトンと活性メチレン化合物を縮合させてピロールを得る手法。

基本文献

  • Knorr, L. Ber. 1884, 17, 1635.
  • Knorr, L. Ann. 1886, 236, 290.

 

反応機構

knorr_pyrrole_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. P-キラルホスフィンの合成 Synthesis of P-chi…
  2. 生体共役反応 Bioconjugation
  3. クロム(η6-アレーン)カルボニル錯体 Cr(η6-arene)…
  4. クネーフェナーゲル ピリジン合成 Knoevenagel Pyr…
  5. コープ脱離 Cope Elimination
  6. エドマン分解 Edman Degradation
  7. ダンハイザー シクロペンテン合成 Danheiser Cyclo…
  8. ダニシェフスキー・北原ジエン Danishefsky-Kitah…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~
  2. 化学を広く伝えるためにー多分野融合の可能性ー
  3. 核のごみを貴金属に 現代の錬金術、実験へ
  4. マイクロリアクターによる合成技術【終了】
  5. 論文コレクター必見!WindowsでPDFを全文検索する方法
  6. アルファリポ酸 /α-lipoic acid
  7. 事故を未然に防ごう~確認しておきたい心構えと対策~
  8. 有機超伝導候補が室温超高速光応答材料に変身
  9. 高峰譲吉の墓
  10. 2012年10大化学ニュース【前編】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP