[スポンサーリンク]

K

クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthesis

 

概要

α-アミノケトンと活性メチレン化合物を縮合させてピロールを得る手法。

基本文献

  • Knorr, L. Ber. 1884, 17, 1635.
  • Knorr, L. Ann. 1886, 236, 290.

 

反応機構

knorr_pyrrole_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ブラウンヒドロホウ素化反応 Brown Hydroboratio…
  2. カテラニ反応 Catellani Reaction
  3. クルチウス転位 Curtius Rearrangement
  4. バナジル(アセチルアセトナト) Vanadyl(IV) acet…
  5. 菅沢反応 Sugasawa Reaction
  6. チチバビン反応 Chichibabin Reaction
  7. ベティ反応 Betti Reaction
  8. コンラッド・リンパック キノリン合成 Conrad-Limpac…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 錬金術博物館
  2. 遷移金属の不斉触媒作用を強化するキラルカウンターイオン法
  3. ソラノエクレピンA (solanoeclepin A)
  4. 近年の量子ドットディスプレイ業界の動向
  5. 第47回天然物化学談話会に行ってきました
  6. 生物活性物質の化学―有機合成の考え方を学ぶ
  7. 究極の黒を炭素材料で作る
  8. 有機アジド(3):アジド導入反応剤
  9. アザジラクチン あざじらくちん azadirachtin
  10. ガブリエルアミン合成 Gabriel Amine Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP