[スポンサーリンク]

K

クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

α-アミノケトンと活性メチレン化合物を縮合させてピロールを得る手法。

基本文献

  • Knorr, L. Ber. 1884, 17, 1635.
  • Knorr, L. Ann. 1886, 236, 290.

 

反応機構

knorr_pyrrole_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. ビニルシクロプロパン転位 Vinylcyclopropane R…
  2. ウギ反応 Ugi Reaction
  3. IBX酸化 IBX Oxidation
  4. ダニシェフスキー・北原ジエン Danishefsky-Kitah…
  5. 福山還元反応 Fukuyama Reduction
  6. クライゼン転位 Claisen Rearrangement
  7. ピナー ピリミジン合成 Pinner Pyrimidine Sy…
  8. ボイヤー・シュミット・オーブ転位 Boyer-Schmidt-A…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ナノチューブを簡単にそろえるの巻
  2. 第35回構造有機化学討論会
  3. その電子、私が引き受けよう
  4. 三菱ガス化学と日清ファルマ、コエンザイムQ10の合弁事業を開始
  5. スローン賞って知っていますか?
  6. 第32回 液晶材料の新たな側面を開拓する― Duncan Bruce教授
  7. コーンフォース転位 Cornforth Rearrangement
  8. バックワルド・ハートウィグ クロスカップリング Buchwald-Hartwig Cross Coupling
  9. 実験ノートの字について
  10. Carl Boschの人生 その2

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP