[スポンサーリンク]

K

クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

α-アミノケトンと活性メチレン化合物を縮合させてピロールを得る手法。

基本文献

  • Knorr, L. Ber. 1884, 17, 1635.
  • Knorr, L. Ann. 1886, 236, 290.

 

反応機構

knorr_pyrrole_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. アーント・アイシュタート合成 Arndt-Eistert Syn…
  2. FAMSO
  3. ウォルフ転位 Wolff Rearrangement
  4. ポーソン・カーン反応 Pauson-Khand Reaction…
  5. パリック・デーリング酸化 Parikh-Doering Oxid…
  6. 玉尾・フレミング酸化 Tamao-Fleming Oxidati…
  7. シュワルツ試薬 Schwartz’s Reagent…
  8. ウーリンス試薬 Woollins’ Reagent

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 落葉の化学~「コロ助の科学質問箱」に捧ぐ
  2. 第32回 液晶材料の新たな側面を開拓する― Duncan Bruce教授
  3. 4-(ジメチルアミノ)ベンゼンチオール : 4-(Dimethylamino)benzenethiol
  4. 奈良坂・プラサード還元 Narasaka-Prasad Reduction
  5. ルーブ・ゴールドバーグ反応 その2
  6. 位置選択的C-H酸化による1,3-ジオールの合成
  7. 石見銀山遺跡
  8. 福井県内において一酸化炭素中毒事故(軽症2名)が発生
  9. 【ジーシー】新たな治療価値を創造するテクノロジー -BioUnion-
  10. ルテニウム触媒を用いたcis選択的開環メタセシス重合

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

マイクロ波化学のカーボンニュートラルや循環型社会におけるアプリケーションや事業状況

当社のマイクロ波プラットフォーム技術および工業化知見を活用し、アクリル樹脂の分解に必要なエネルギーを…

NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

NMRメーカーである日本電子のイギリス法人、JEOL UKが6月、WindowsとmacOSの両方で…

芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決策

第 326回のスポットライトリサーチは、早稲田大学理工学術院 山口潤一郎研究室 …

ゼナン・バオ Zhenan Bao

ゼナン(Zhenan Bao, 1970年xx月xx日-)は、アメリカの有機材料科学者、カーボンナノ…

文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑭: 液タブ XP-PEN Artist 13.3 Proの巻

少し前にペンタブレット「XP-PEN Deco01」を紹介しましたが、もう少しお金をかけると液晶ペン…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP