[スポンサーリンク]

K

クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

α-アミノケトンと活性メチレン化合物を縮合させてピロールを得る手法。

基本文献

  • Knorr, L. Ber. 1884, 17, 1635.
  • Knorr, L. Ann. 1886, 236, 290.

 

反応機構

knorr_pyrrole_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ジアゾメタン diazomethane
  2. ターボグリニャール試薬 Turbo Grignard Reage…
  3. ノッシェル・ハウザー塩基 Knochel-Hauser Base…
  4. アサートン・トッド反応 Atherton-Todd Reacti…
  5. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation
  6. 辻・トロスト反応 Tsuji-Trost Reaction
  7. ボロン酸の保護基 Protecting Groups for B…
  8. 【クリックは完了. よし壊せ!】イミノカルベノイドによる渡環およ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ナイトレンの求電子性を利用して中員環ラクタムを合成する
  2. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御
  3. 今年の名古屋メダルセミナーはアツイぞ!
  4. 平尾一郎 Ichiro Hirao
  5. リック・ダンハイザー Rick L. Danheiser
  6. 向山酸化剤
  7. ビリジカタムトキシン Viridicatumtoxin
  8. 細胞の分子生物学/Molecular Biology of the Cell
  9. 光レドックス触媒と有機分子触媒の協同作用
  10. 熱を効率的に光に変換するデバイスを研究者が開発、太陽光発電の効率上昇に役立つ可能性

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子のエナールへのエナンチオ選択的マイケル付加反応が開発された。新規環…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP