[スポンサーリンク]

K

クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthesis

 

概要

α-アミノケトンと活性メチレン化合物を縮合させてピロールを得る手法。

基本文献

  • Knorr, L. Ber. 1884, 17, 1635.
  • Knorr, L. Ann. 1886, 236, 290.

 

反応機構

knorr_pyrrole_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. アマドリ転位 Amadori Rearrangement
  2. ロッセン転位 Lossen Rearrangement
  3. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddit…
  4. シャピロ反応 Shapiro Reaction
  5. 有機銅アート試薬 Organocuprate
  6. バンバーガー転位 Bamberger Rearrangement…
  7. コーリー・ギルマン・ガネム酸化 Corey-Gilman-Gan…
  8. ポロノフスキー開裂 Polonovski Fragmentati…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 59年前製造の『ヒロポン』陳列
  2. 【PR】Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  3. キャロル転位 Carroll Rearrangement
  4. ニッケル触媒による縮合三環式化合物の迅速不斉合成
  5. 一度に沢山の医薬分子を放出できるプロドラッグ
  6. ボルテゾミブ (bortezomib)
  7. 理研も一般公開するよ!!
  8. 企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱
  9. Imaging MS イメージングマス
  10. ベン・フェリンガ Ben L. Feringa

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ラジカルと有機金属の反応を駆使した第3級アルキル鈴木―宮浦型カップリング

第154回のスポットライトリサーチは、中村 公昭(なかむら きみあき)博士にお願いしました。中村さん…

有機合成化学協会誌2018年8月号:触媒的不斉全合成・分子ローター型蛍光核酸・インドロキナゾリンアルカロイド・非対称化・アズレン・ヒドラゾン-パラジウム触媒

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年8月号がオンライン公開されました。今…

Noah Z. Burns ノア・バーンズ

ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。…

結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開

ケンブリッジ結晶学データセンターとFIZ Karlsruhe は,無償で利用できる結晶データの登録・…

可視光で芳香環を立体選択的に壊す

キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しなが…

科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

2018年7月18日、フランス大使公邸にて2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞の授賞…

PAGE TOP