[スポンサーリンク]


2021年 1月 23日

  1. 分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

    群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子の対称性を利用して化学を論じるには、対称性に関する専門用語を身につける必要があります。そこで身につけた専門用語は、群論を使って分子軌道を理解…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【8/25 20:00- 開催!】オンラインイベント「研究者と描くAI社会の未来設計」
  2. フェニル酢酸を基質とするC-H活性化型溝呂木-Heck反応
  3. 第47回「目指すは究極の“物質使い”」前田和彦 准教授
  4. 研究生活の心構えー修士課程、博士課程に進学したあなたへー
  5. 反応経路最適化ソフトウェアが新しくなった 「Reaction plus pro」
  6. 化学反応を“プローブ”として用いて分子内電子移動プロセスを検出
  7. ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

PAGE TOP