[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

不安定さが取り柄!1,2,3-シクロヘキサトリエンの多彩な反応

[スポンサーリンク]

1,2,3-シクロヘキサトリエンおよびその類縁体の多彩な付加反応、挿入反応が報告された。シリル置換の環状トリエンでは位置選択性が発現する。1,2,3-シクロヘキサトリエンの反応で得られる生成物はジエンであり、複雑な骨格を簡便に合成できる。

1,2,3-シクロヘキサトリエン

ベンゼン(1)とその異性体は共鳴理論や芳香族性の発見、合成手法の確立など有機化学に多大な進歩をもたらしてきた[1]。デュワーベンゼン(2)やプリズマン(3)などのベンゼンの異性体は歪んだ構造をもち、興味深い研究対象となってきた[2]。1,2,3-シクロヘキサトリエン(4)もこれら歪んだ異性体の一つであるが23と比べて研究例は少ない。4はベンゼン(1)に比べ、101 kcal/mol高い自由エネルギーをもつ(図1A)。6員環に直線構造をもつクムレンを含む点で、4はアライン5や環状アレン6と密接な関係にある。56は歪んだ構造に起因する高い反応性を示すことが多く研究されてきた[3]。しかし、4については未解明な部分が多く、その反応例はJohnsonやPaquetteらが報告したイソベンゾフランやシクロペンタジエンとの[4+2]付加環化と、斎藤らが報告したニトロンとの付加環化のみ知られる[4]。また、4の類縁体に関しては、反応例はおろか合成例も未だ報告されていない(図1B)。

今回、著者らは4およびその類縁体の反応性を実験化学的かつ計算化学的に調査した(図1C)。(4+2), (3+2), (2+2)などの環化付加に加え、求核付加やσ結合挿入反応などが進行することを明らかにした。シリル置換された非対称の1,2,3-シクロヘキサトリエンに対する位置選択的反応や、さらには得られる生成物(1,3-ジエン)の変換もなされている。

図1. (A) C6H6: ベンゼンと歪んだ異性体 (B) 歪んだ環状中間体 (C) 本研究

 

” Strain-promoted reactions of 1,2,3-cyclohexatriene and its derivatives “

Kelleghan, A. V.; Bulger, A. S.; Witkowski, D. C.; Garg, N. K. Nature 2023, 618,748–754.

DOI: 10.1038/s41586-023-06075-8

 

論文著者の紹介

研究者 Neil K. Garg (研究室HPケムステ)
研究者の経歴:
2000 B.Sc. New York University, USA (Prof. Mark A. Walters)
2005 Ph.D. California Institute of Technology, USA (Prof. Brian M. Stoltz)
2005–2007 Postdoc, The University of California, Irvine, USA (Prof. Larry E. Overman)
2007–2012 Assistant Professor, University of California, Los Angeles, USA
2012–2013 Associate Professor, University of California, Los Angeles, USA
2013– Professor, University of California, Los Angeles, USA

研究内容:金属触媒を用いたクロスカップリング反応、アラインや環状アレンを用いる反応開発、天然物合成

論文の概要

著者らはまず、シリルトリフラート77’をトリエン前駆体に用い、無置換トリエン4と二置換トリエン4の生成および捕捉を試みた(図2A)。検討の結果、THFもしくはアセトニトリル中、フッ化セシウムとフッ化物可溶化剤にnBu4NOTfを用いて77′を反応させると、4もしくは4’の生成、続くジメチルフラン8aとの(4+2)環化付加反応が進行して良好な収率で環化付加体11aが得られることがわかった。同条件下、ケテンアセタール8bとの(2+2)環化付加、アゾメチンイミン8cとの(3+2)環化付加、フェノキシド9の求核付加も進行した。また、マロン酸エステル104’と反応させると炭素-炭素σ結合挿入反応が進行し13が得られた。これらの結果から1,2,3-環状トリエンがアラインに類似した反応性をもつことが示唆された[5]。また、これらの反応で得られる生成物は共役ジエンであり、例えばマレイミドAとのDiels–Alderや環状アレンBとの(2+2)環化付加により複雑な構造をもつ化合物へ変換できることも示された。

一置換環状トリエンを反応させた場合、反応位置の異なる異性体が生じうる。著者らはシリル置換環状トリエンを用いて位置選択性を調査した[6]16の捕捉実験を試みたところ、エナミン18のような嵩高い求核剤ではC3位選択的に付加反応が進行し、19を与えた(図2B)。対照的に立体障害の小さいフェノキシド9ではC2位付加体20が選択的に得られた。DFT計算の結果、16のC2位、C3位の結合角がそれぞれ146°、118°と4のsp炭素まわりの結合角(131°)から大きく歪んでいること、16のC2、C3位の電荷がそれぞれわずかに正および負に偏ることが見積もられた。これらの実験および計算の結果から、16の反応性はシリル置換アラインと類似することがわかった (詳細は論文参照)。

図2. (A) 基質適用範囲 (B)シリル置換1,2,3-シクロヘキサトリエン16の位置選択的な反応 (論文より引用、一部改変)

以上、1,2,3-シクロヘキサトリエン(4)および類縁体の高い反応性を生かした種々の付加反応および挿入反応が見いだされた。これまで看過されてきたベンゼンの異性体である4が、有機合成の表舞台に立つ契機となる論文となるかもしれない。

参考文献

  1. a) Slater, J. C. Directed Valence in Polyatomic Molecules. Chem. Rev. 1931, 37, 481–489. DOI: 10.1103/PhysRev.37.481. b) Pauling, L.; Wheland, G. W. The Nature of the Chemical Bond. V. The Quantum‐mechanical Calculation of the Resonance Energy of Benzene and Naphthalene and the Hydrocarbon Free Radicals. J. Chem. Phys. 1933, 1, 362–374. DOI: 10.1063/1.1749304. c) Pauling, L. The Theory of Resonance in Chemistry. Proc. R. Soc. Lond. A 1977, 356, 433–441. DOI: 10.1098/rspa.1977.0143.
  2. a) van Tamelen, E. E.; Pappas, S. P. Bicyclo[2.2.0]hexa-2,5-diene. J. Am. Chem. Soc. 1963, 85, 3297–3298. DOI: 10.1021/ja00903a056. b) Katz, T. J.; Acton, Nancy. Synthesis of Prismane. J. Am. Chem. Soc. 1973, 95, 2738–2739. DOI: 10.1021/ja00789a084.
  3. Shi, J.; Li, L.; Li, Y. o-Silylaryl Triflates: A Journey of Kobayashi Aryne Precursors. Chem. Rev. 2021, 121, 3892–4044. DOI: 10.1021/acs.chemrev.0c01011.
  4. a) Shakespeare, W. C.; Johnson, R. P. 1,2,3-Cyclohexatriene and Cyclohexen-3-Yne: Two New Highly Strained C6H6 J. Am. Chem. Soc. 1990, 112, 8578–8579. DOI: 10.1021/ja00179a050. b) Hickey, E. R.; Paquette, L. A. Torsional Angle Decompression is not The Source of Facial Selectivity in Diels-Alder Cycloadditions Involving Cyclic Dienes Fused to Bicyclic Frameworks. The Case Study of 1,2,3,4,6,7-Hexahydro-1,4-methanonaphthalene.Tetrahedron Lett. 1994, 35, 2309–2312. DOI: 10.1016/0040-4039(94)85206-5. c) Hickey, E. R.; Paquette, L. A. Experimental and Theoretical Analysis of the Effects of Strain Diminution on the Stereoselectivity of Dienophilic Capture by π-Facially Nonequivalent Homologs of Isodicyclopentadiene. J. Am. Chem. Soc. 1995, 117, 163–176. DOI: 10.1021/ja00106a020. d) Burrell, R. C.; Daoust, K. J.; Bradley, A. Z.; DiRico, K. J.; Johnson, R. P. Strained Cyclic Cumulene Intermediates in Diels–Alder Cycloadditions of Enynes and Diynes. J. Am. Chem. Soc. 1996, 118, 4218–4219. DOI: 10.1021/ja9601144. e) Sakura, M.; Ando, S.; Hattori, A.; Saito, K. Reaction of Cyclohexa-1,2,3-triene with N,α-Diphenylnitrone: Formation of Seven-membered Cyclic Amines via Piradone Derivatives. Heterocycles 1999, 51, 547. DOI: 10.3987/COM-98-8395.
  5. Asamdi, M.; Chikhalia, K. H. Aryne Insertion into σ Bonds. Asian J. Org. Chem. 2017, 6, 1331–1348. DOI: 1002/ajoc.201700284.
  6. Bronner, S. M.; Mackey, J. L.; Houk, K. N.; Garg, N. K. Steric Effects Compete with Aryne Distortion To Control Regioselectivities of Nucleophilic Additions to 3-Silylarynes. J. Am. Chem. Soc. 2012, 134, 13966–13969. DOI: 10.1021/ja306723r.

山口 研究室

投稿者の記事一覧

早稲田大学山口研究室の抄録会からピックアップした研究紹介記事。

関連記事

  1. 【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オ…
  2. 官能基選択的な 5 員環ブロック連結反応を利用したステモアミド系…
  3. 二核錯体による窒素固定~世界初の触媒作用実現~
  4. 【21卒イベント】「化学系学生のための企業研究セミナー」 大阪1…
  5. ピレスロイド系殺虫剤のはなし
  6. キラル情報を保存したまま水に溶ける不斉結晶
  7. フラスコ内でタンパクが連続的に進化する
  8. 実験教育に最適!:鈴木ー宮浦クロスカップリング反応体験キット

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 博士課程学生の奨学金情報
  2. 光刺激で超分子ポリマーのらせんを反転させる
  3. 佐治木 弘尚 Hironao Sajiki
  4. 中高生・高専生でも研究が学べる!サイエンスメンタープログラム
  5. 抗生物質
  6. 2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Protecting Group
  7. フォトメカニカル有機結晶を紫外線照射、世界最速で剥離
  8. 第16回次世代を担う有機化学シンポジウム
  9. O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編
  10. いつ、どこで体内に 放射性物質に深まる謎

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

最新記事

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

ノーベル賞受賞者と語り合おう!「第16回HOPEミーティング」参加者募集!

今年もHOPEミーティング の参加者募集の時期がやって来ました。HOPEミーティングは、アジア・…

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP