[スポンサーリンク]


2021年 2月 14日

  1. 知的財産権の基礎知識

    bergです。今回は化学系の学生や研究者の方々にはなじみ深い知的財産権について簡単にまとめます。知的財産権とは、発明など無形物の著作者が占有・行使できる権利で、特許権や商標権などの産業財産権と、著作権・著作隣接権などに大別されます。…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成
  2. 第172回―「小分子変換を指向した固体触媒化学およびナノ材料化学」C.N.R.Rao教授
  3. 特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較
  4. リチウムイオン電池の正極・負極≪活物質技術≫徹底解説セミナー
  5. ブロッコリー由来成分「スルフォラファン」による抗肥満効果の分子機構の解明
  6. 博士号とは何だったのか - 早稲田ディプロマミル事件?
  7. 第108回―「Nature Chemistryの編集長として」Stuart Cantrill博士

注目情報

最新記事

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の応用 ー新しい天然有機化合物の生成を目指すー

開催日 2024/2/21 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

PAGE TOP