[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

眞鍋 史乃 Manabe Shino

[スポンサーリンク]

眞鍋史乃 (まなべしの)は日本の有機化学者。星薬科大学薬学部/東北大学大学院薬学研究科医薬品開発研究センター・教授。第35回ケムステVシンポ「有機合成が拓く最先端糖化学」講師。

経歴

1992年 3月       東京大学大学院薬学研究科製薬化学専攻博士課程前期修了(古賀憲司教授)

1993年 12月     米国コロンビア大学化学科・Staff Associate(Gilbert Stork 教授)

1996年 3月       東京大学大学院薬学研究科製薬化学専攻博士課程後期修了(古賀憲司教授)

1996年 4月       東京大学薬学部・教務補佐員(古賀憲司教授)

1996年 10月     理化学研究所・基礎科学特別研究員(小川智也主任研究員)

1999年 10月     科学技術振興事業団・CREST研究員(中原義昭教授)

2000年 4月       理化学研究所・研究員(伊藤幸成主任研究員)

2004年 4月       独立行政法人理化学研究所・先任研究員

2007年 4月       独立行政法人理化学研究所・専任研究員(所内規程変更による)

2019年 10月     東北大学大学院薬学研究科医薬品開発研究センター・教授(クロスアポイントメント:現在に至る)

2020年 4月       星薬科大学薬学部・教授(現在に至る)

受賞歴

  1. 令和2年度 第13回社団法人有機合成化学協会企業冠賞 カネカ・生命科学賞「複合糖質の均一合成による高機能化合物創成研究」
  2. 平成28年度 日本学術振興会科学研究費審査日本学術振興会表彰
  3. 平成24年度 第5回資生堂女性研究者サイエンスグラント
  4. 平成19年度 The 4th Japanese-Sino Symposium on Organic Chemistry for Young Scientists, Outstanding Research Presentation Award
  5. 平成14年度 平成14年度日本薬学会奨励賞
  6. 平成14年度 日本薬学会第27回反応と合成の進歩シンポジウムポスター賞
  7. 平成10年度 公益社団法人有機合成化学協会 中外製薬研究企画賞

研究業績

糖鎖迅速合成法の開発と生物活性糖鎖の合成

 

生体高分子であるペプチドや核酸は、自動合成による供給が可能となっている。糖鎖は、構造の複雑性や合成の難しさから自動合成には至っていない。

高極性、可溶性の短いポリエチレングリコール鎖を支持担体として、糖鎖迅速合成手法を開発した1,2。精製の簡便化、基質切り出しを伴わない高分子担体上での反応モニタリング法の開発3を行い、生物活性を持つ複雑な骨格の糖鎖4N-結合型糖鎖ライブラリーの合成を行った5

C-結合型タンパク質翻訳後修飾: C-Man-Trp の合成と病変との関係の解明

 

タンパク質Trp へのマンノースの付加は翻訳後修飾として広く見出される。

C-mannosyl tryptophan (C-Man-Trp)の初の全合成を行い6、共同研究により、卵巣がんの既存のバイオマーカーよりも優れていることを見出した。

エンド開裂反応の存在の証明と合成への応用

Fischer による最初のグリコシル化反応以来、一般的なグリコシル化反応では、アノマー位の脱離基を活性化し、環状オキソカルべニウムイオンを中間体とする。ピラノシドに2,3-trans カーバメート基を導入する7とアノマー炭素と環内酸素との間の結合が切断され(エンド開裂)、鎖状カチオンが生じた後、再環化する経路にて異性化することを見出した8,9。エンド開裂は、1980年代にその存在が議論されたものである。高い立体選択性で、1,2-cis アミノ糖を構築できるのみならず、既存のグリコシド立体配置を変換することができる10

抗体・薬物複合体開発

抗体・薬物複合体は、抗体の高機能化を行うことができる。間質が豊富であるために治療が困難である固形がんに対する抗体・薬物複合体の新規リンカー開発11、糖鎖部位でのsite-specific な付加による均一構造の抗体・薬物複合体合成の手法を開発した12

参考文献

  1. H. Ando, S. Manabe, Y. Nakahara, Y. Ito, J. Am. Chem. Soc. 123, 3848–3849 (2001).
  2. H. Ando, S. Manabe, Y. Nakahara, Y. Ito, Angew. Chem. Int. Ed. 40, 4725–4728 (2001).
  3. S. Manabe, Y. Ito, J. Am. Chem. Soc. 124, 12638–12639 (2002).
  4. S. Hanashima, S. Manabe, K. Inamori, N. Taniguchi, Y. Ito, Angew. Chem. Int. Ed. 43, 5674–5677 (2004).
  5. S. Hanashima, S. Manabe, Y. Ito, Angew. Chem. Int. Ed. 44, 4218–4224 (2005).
  6. S. Manabe, Y. Ito, J. Am. Chem. Soc. 121, 9754–9755 (1999).
  7. S. Manabe, K. Ishii, Y. Ito, J. Am. Chem. Soc. 128, 10666–10667 (2006).
  8. S. Manabe, K. Ishii, D. Hashizume, H. Koshino, Y. Ito, Chem. Eur. J. 15, 6894–6901 (2009).
  9. H. Satoh, S. Manabe, Y. Ito, H. P. Lüthi, T. Laino, J. Hutter, J. Am. Chem. Soc. 133, 5610–5619 (2011).
  10. S. Manabe, H. Satoh, J. Hutter, H. P. Lüthi, T. Laino, Y. Ito, Chem. Eur. J. 20, 124–132 (2014).
  11. H. Fuchigami, S. Manabe, M. Yasunaga, Y. Matsumura, Sci. Rep. 8, 14211 (2018).
  12. S. Manabe, Y. Yamaguchi, K. Matsumoto, H. Fuchigami, T. Kawase, K. Hirose, A. Mitani, W. Sumiyoshi, T. Kinoshita, J. Abe, M. Yasunaga, Y. Matsumura, Y. Ito, Bioconj. Chem. 30, 1343-1355 (2019).

関連サイト

研究室ホームページ

Maitotoxin

投稿者の記事一覧

学生。高分子合成専門。低分子・高分子を問わず、分子レベルでの創作が好きです。構造が格好よければ全て良し。生物学的・材料学的応用に繋がれば尚良し。Maitotoxinの全合成を待ち望んでいます。

関連記事

  1. マーティン・チャルフィー Martin Chalfie
  2. 入江 正浩 Masahiro Irie
  3. bassler ボニー・L.・バスラー Bonnie L. Bassler
  4. ジェフリー・ムーア Jeffrey S. Moore
  5. ジェニファー・ダウドナ Jennifer Doudna
  6. エリック・メガース Eric Meggers
  7. ヴィ·ドン Vy M. Dong
  8. 平田義正メモリアルレクチャー賞(平田賞)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 人工軟骨への応用を目指した「ダブルネットワークゲル」
  2. 2009年10大化学ニュース【Part2】
  3. 第130回―「無機薄膜成長法を指向した有機金属化学」Lisa McElwee-White教授
  4. Practical Functional Group Synthesis
  5. スピノシン Spinosyn
  6. 生越 友樹 Tomoki Ogoshi
  7. ビニルシクロプロパン転位 Vinylcyclopropane Rearrangement
  8. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I
  9. 中学生の研究が米国の一流論文誌に掲載された
  10. 科学技術教育協会 「大学化合物プロジェクト」が第2期へ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

化学産業のサプライチェーンをサポートする新しい動き

長瀬産業株式会社、ナガセ情報開発株式会社は、2023年2月1日より、化学品ドキュメントの配付管理ツー…

シクロデキストリンの「穴の中」で光るセンサー

第468回のスポットライトリサーチは、上智大学理工学部 物質生命理工学科 分析化学研究グループ(早下…

Excelでできる材料開発のためのデータ解析[超入門]-統計の基礎や機械学習との違いを解説-

 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘によ…

超原子価ヨウ素反応剤を用いたジアミド類の4-イミダゾリジノン誘導化

第468回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学  合成薬品製造学研究室(伊藤研究室)に所属されて…

研究室でDIY!ELSD検出器を複数のLCシステムで使えるようにした話

先日のBiotage Selekt + ELSDの記事でちらっと紹介した、ELS…

第37回ケムステVシンポ「抗体修飾法の最前線 〜ADC製造の基盤技術〜」を開催します!

修論・卒論・博士論文で大忙しの2,3月ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。まとめ作業とデスク…

有機合成化学協会誌2023年1月号:[1,3]-アルコキシ転位・クロロシラン・インシリコ技術・マイトトキシン・MOF

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2023年1月号がオンライン公開されました。す…

飲む痔の薬のはなし1 ブロメラインとビタミンE

Tshozoです。あれ(発端記事・その後の記事)からいろいろありました。一進一退とはいえ、咀…

深紫外光源の効率を高める新たな透明電極材料

第467回のスポットライトリサーチは、東京都立大学大学院 理学研究科 廣瀬研究室の長島 陽(ながしま…

化学メーカー発の半導体技術が受賞

積水化学工業株式会社の高機能プラスチックスカンパニー開発研究所エレクトロニクス材料開発センターが開発…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP