[スポンサーリンク]

archives

取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬

 

1-(トリフルオロアセチル)ピペリジン(1)は,芳香環にトリフルオロアセチル基を導入する試薬として使われています。1は,アリールハライドのハロゲン-リチウム交換,芳香族化合物のオルトリチオ化等の方法で調製したアリールリチウムと低温下速やかに反応し,トリフルオロアセチル体を良好な収率で与えます。アリールGrignard試薬との反応も同様に進行しますが,アリールリチウムを用いる方法に比べるとその収率は低下する傾向があります。1は光親和性標識として有用なアリール(トリフルオロメチル)ジアジリンの合成において,ジアジリン骨格を導入する一連の反応に多く利用されています。

 

[1] “Ginkgolide Derivatives for Photolabeling Studies:? Preparation and Pharmacological Evaluation”

K. Stromgaard, D. R. Saito, H. Shindou, S. Ishii, T. Shimizu, K. Nakanishi, J. Med. Chem. 2002, 45, 4038. DOI: 10.1021/jm020147w

jm020147wn00001

The terpene trilactones (TTLs), ginkgolides and bilobalide, are structurally unique constituents of Ginkgo biloba extracts, which exhibit various neuromodulatory properties. Although the TTLs are believed to be responsible for some of these effects, the specific interactions with targets in the central nervous system remain to be elucidated on a molecular level. Ginkgolides are known antagonists of the platelet-activating factor (PAF) receptor. Herein, we describe the first examination of the binding of native TTLs and their derivatives to the cloned PAF receptor, confirming that of the TTLs, ginkgolide B is the most potent PAF receptor antagonist. Ginkgolide derivatives carrying photoactivatable and fluorescent groups for the purpose of performing photolabeling have been prepared and evaluated using the cloned PAF receptor. These studies have shown that ginkgolide derivatives with aromatic photoactivatable substituents are potent PAF receptor antagonists with Ki values of 0.09−0.79 μM and hence excellent ligands for clarifying the binding of ginkgolides to PAF receptor by photolabeling studies. Ginkgolide derivatives incorporating both fluorescent and photoactivatable groups still retained binding affinity to the PAF receptor and hence should be promising ligands for photolabeling and subsequent sequencing studies.

[2] “Synthesis and Biological Evaluation of Photoaffinity Labeled Fusidic Acid Analogues”

D. Riber, M. Venkataramana, S. Sanyal, T. Duvold, J. Med. Chem. 2006, 49, 1503. DOI: 10.1021/jm050583t

jm050583tn00001

Novel photoaffinity labeled fusidic acid analogues were obtained by a synthetic sequence employing a Wittig reaction between a fusidic acid aldehyde and benzyl bromides in the key step. Three commonly used photoreactive groups, benzophenone, trifluoromethyldiazirine, and aryl azide, were used. The photoaffinity labeled fusidic acid analogues demonstrated a potent antibacterial activity (MIC 0.016−4 μg/mL) and therefore represent a potential tool for the elucidation of the interactions between fusidic acid and its receptor EF-G.

[3] “Comprehensive Synthesis of Photoreactive (3-Trifluoromethyl)diazirinyl Indole Derivatives from 5- and 6-Trifluoroacetylindoles for Photoaffinity Labeling”

Y. Murai, K. Masuda, Y. Sakihama, Y. Hashidoko, Y. Hatanaka, M. Hashimoto, J. Org. Chem. 2012, 77, 8581. DOI:10.1021/jo301552m

jo-2012-01552m_0005

5- and 6-trifluoromethyldiazirinyl indoles were synthesized from corresponding bromoindole derivatives for the first time. They acted as mother skeletons for the comprehensive synthesis of various bioactive indole metabolites. These can be used in biological functional analysis as diazirine-based photoaffinity labels.

 

本品はジアジリン誘導体の合成で広く用いられています。その基本骨格となるフェニル基4-位にジアジリンを導入した光クロスリンカーもご用意しています。研究用途に合わせてお選びください。
≫ 光反応性ジアジリンを含むクロスリンカー

関連記事

  1. 4-ベンゾイル安息香酸N-スクシンイミジル : N-Succin…
  2. リビングラジカル重合による高分子材料合成技術【終了】
  3. 環境ストレスに応答する植物ホルモン
  4. (S,S)-DACH-phenyl Trost ligand
  5. インドール一覧
  6. ニュースタッフ参加
  7. 1,3-ジヨード-5,5-ジメチルヒダントイン:1,3-Diio…
  8. 色素増感太陽電池用部材の開発・高効率化と製品開発動向【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 非常に小さな反転障壁を示す有機リン化合物の合成
  2. ケック不斉アリル化 Keck Asymmetric Allylation
  3. 入江 正浩 Masahiro Irie
  4. エド・ボイデン Edward Boyden
  5. 真空ポンプ
  6. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I
  7. Angewandte Chemieの新RSSフィード
  8. アミノ酸「ヒスチジン」が脳梗塞に有効――愛媛大が解明
  9. 実験ノートを復刻し公開へ 高峰譲吉らのアドレナリン
  10. 新海征治 Seiji Shinkai

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP