[スポンサーリンク]


2021年 7月 29日

  1. 過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

    光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮する。“マジックメチル”効果とC(sp3)–Hメチル化生物活性分子へのメチル基の導入により、立体配座や溶解性が変化し、薬理活性が向上…

  2. 化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

    2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 固体型色素増感太陽電池搭載マウスを買ってみました
  2. インタビューリンクー住化廣瀬社長、旭化成藤原社長
  3. 飲む痔の薬のはなし1 ブロメラインとビタミンE
  4. ノッド因子 (Nod factor)
  5. SciFinder Future Leaders in Chemistry参加のススメ
  6. 天然イミンにインスパイアされたペプチド大環状化反応
  7. 홍 순 혁 Soon Hyeok Hong

注目情報

最新記事

超原子価ヨウ素反応剤を用いたジアミド類の4-イミダゾリジノン誘導化

第468回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学  合成薬品製造学研究室(伊藤研究室)に所属されて…

研究室でDIY!ELSD検出器を複数のLCシステムで使えるようにした話

先日のBiotage Selekt + ELSDの記事でちらっと紹介した、ELS…

第37回ケムステVシンポ「抗体修飾法の最前線 〜ADC製造の基盤技術〜」を開催します!

修論・卒論・博士論文で大忙しの2,3月ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。まとめ作業とデスク…

有機合成化学協会誌2023年1月号:[1,3]-アルコキシ転位・クロロシラン・インシリコ技術・マイトトキシン・MOF

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2023年1月号がオンライン公開されました。す…

飲む痔の薬のはなし1 ブロメラインとビタミンE

Tshozoです。あれ(発端記事・その後の記事)からいろいろありました。一進一退とはいえ、咀…

PAGE TOP