[スポンサーリンク]


2021年 7月 29日

  1. 過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

    光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮する。“マジックメチル”効果とC(sp3)–Hメチル化生物活性分子へのメチル基の導入により、立体配座や溶解性が変化し、薬理活性が向上…

  2. 化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

    2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ネイティブ・ケミカル・ライゲーション Native Chemical Ligation (NCL)
  2. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③(解答編)
  3. 11年ぶり日本開催、国際化学五輪プレイベントを3月に
  4. 第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part IV
  5. 初心者でも簡単!ChatGPTを用いたプログラミング
  6. 書物から学ぶ有機化学 2
  7. ジョン・スティル John K. Stille

注目情報

最新記事

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

申込みはこちら次世代の創薬研究をリードするために、デジタルトランスフォーメーション(DX…

ファラデーのつくった世界!:−ロウソクの科学が歴史を変えた

こんにちは、Spectol21です!ノーベル賞受賞の吉野彰先生が、吉野先生の研究者と…

PAGE TOP