[スポンサーリンク]


2021年 10月 11日

  1. 宮田完ニ郎 Miyata Kanjiro

    宮田 完ニ郎 (みやた かんじろう) は、日本の有機化学者である。東京大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻・准教授 専門は医薬品化学。経歴2016年1月-現在:東京大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻・准教授2013年1…

  2. 機能を持たせた紙製チップで化学テロに備える ―簡単な操作でサリンやVXを検知できる紙製デバイスの開発―

    第344回のスポットライトリサーチは、警察庁 科学警察研究所 法科学第三部 化学第五研究室 室長の宮…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応
  2. ピクテ・ガムス イソキノリン合成 Pictet-Gams Isoquinoline Synthesis
  3. 200MHzのNMRが持ち歩けるって本当!?
  4. DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発
  5. トラネキサム酸 / tranexamic acid
  6. 有機合成化学協会誌2023年5月号:特集号「日本の誇るハロゲン資源: ハロゲンの反応と機能」
  7. 逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR; reverse transcription PCR)

注目情報

最新記事

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

キシリトールのはなし

Tshozoです。 35年くらい前、ある食品メーカが「虫歯になりにくい成分」を使ったお菓子を…

2つの結合回転を熱と光によって操る、ベンズアミド構造の新たな性質を発見

 第 608回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院 生命科学院 生命科学専攻 生命医…

PAGE TOP