2021年 10月 11日

  1. 宮田完ニ郎 Miyata Kanjiro

    宮田 完ニ郎 (みやた かんじろう) は、日本の有機化学者である。東京大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻・准教授 専門は医薬品化学。経歴2016年1月-現在:東京大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻・准教授2013年1…

  2. 機能を持たせた紙製チップで化学テロに備える ―簡単な操作でサリンやVXを検知できる紙製デバイスの開発―

    第344回のスポットライトリサーチは、警察庁 科学警察研究所 法科学第三部 化学第五研究室 室長の宮…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ケミストリ・ソングス【Part1】
  2. 新世代鎮痛剤の販売継続を 米政府諮問委が勧告
  3. 理論化学と実験科学の協奏で解き明かしたブラシラン型骨格生合成の謎
  4. マテリアルズ・インフォマティクスの基本とMI推進
  5. メールのスマートな送り方
  6. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!③
  7. プロトン共役電子移動を用いた半導体キャリア密度の精密制御

注目情報

最新記事

有機電解合成のはなし ~アンモニア常温常圧合成のキー技術~

(出典:燃料アンモニアサプライチェーンの構築 | NEDO グリーンイノベーション基金)Ts…

光触媒でエステルを多電子還元する

第621回のスポットライトリサーチは、分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域(魚住グループ)にて…

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

PAGE TOP