[スポンサーリンク]


2021年 11月 04日

  1. ハロゲン移動させーテル!N-ヘテロアレーンのC–Hエーテル化

    ハロチオフェンからのハロゲン移動反応を用いるN-ヘテロアレーンのC–Hエーテル化が開発された。穏和な反応条件で、広範なアジンやアゾールを位置選択的にC–Hエーテル化できる。N-ヘテロアレーンのC–Hエーテル化ヘテロアリールエーテルは…

  2. アスピリンの合成実験 〜はじめての化学合成〜

    アスピリン (アセチルサリチル酸、図1) といえば、解熱鎮痛薬の王様と言っていいほど…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応
  2. 有機合成のための遷移金属触媒反応
  3. N-カルバモイル化-脱アルキル化 N-carbamoylation-dealkylation
  4. おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~中級編~
  5. 実験・数理・機械学習の融合による触媒理論の開拓
  6. ナノチューブを大量生産、産業技術総合研が技術開発
  7. ネバー転位 Neber Rearrangement

注目情報

最新記事

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

PAGE TOP