[スポンサーリンク]

一般的な話題

2022 CAS Future Leaders プログラム参加者募集

[スポンサーリンク]

CAS SciFinderⁿ の提供元である CAS が世界中の博士課程在学中の学生とポスドクを対象とした情報交換プログラム 2022 CAS Future Leadersの参加者募集を開始しました.

◇ 米国化学会年会 ACS National Meeting & Exposition での発表機会など,各種特典をご用意しています ◇(引用:化学情報協会)

これまでも加者のインタビューとともに募集記事を掲載してきましたが(まとめ記事参照)、実は去年はコロナの影響で募集がなかったんですね。今年は満を持して、パワーアップして募集がはじまっています。貴重な経験が、無料で受けられるとあって、いつも競争率は高いですが、ぜひご応募下さい!

以下、プログラムについて。

■ 対象者 ■

CAS SciFinderⁿ をはじめとする情報検索ツール,情報検索,情報解析に興味・知識がある博士課程在学中の学生,およびポスドク

■ 申込み ■

参加希望者は,専用応募フォームに記入し,下記書類を添付して 2022 年 1 月 16 日 (日) までにご応募ください.

・履歴書
・教官の推薦書
・下記をまとめたエッセイ (英語,500 ~ 1,000 words)

    • – ご自身の研究と目標

 

    – CAS SciFinderⁿ をはじめ,情報検索ツール等から得られた情報をどのように研究に役立てているか

詳細は下記をご覧ください.
CAS Future Leaders ページ
申し込みサイト
よくあるご質問 (Future Leaders FAQ)

CAS による厳正な審査の後,優秀な 30 名の応募者を 2022 CAS Future Leaders プログラムの参加者として 3 月に発表いたします.

■ プログラムの内容 ■

2022 年 8 月 15 日 (月) 〜 20 日 (土)
米国オハイオ州コロンバスにある CAS を訪問し,CAS スタッフや参加者間で科学を中心としたアクティビティに参加します.

2022 年 8 月 21 日 (日) 〜 25 日 (木)
米国イリノイ州シカゴで開催される米国化学会年会 ACS National Meeting & Exposition に参加します.

■ 参加者の特典 ■

・旅費および宿泊費
・Columbus 滞在中の食費
・米国化学会年会 ACS National Meeting & Exposition の参加登録費
・支度金 1,000 米ドル支給
CAS SciFinderⁿ のアクセス権 (1 年) の付与
・ACS Membership (3 年) の付与
C&EN の参加者紹介記事を掲載
NEW! ACS National Meeting & Exposition における研究発表
NEW! ACS National Meeting & Exposition の ACS Professional and Leadership Development course の登録
NEW! CAS Future Leaders Alumni Community の永久会員資格 (Lifetime membership)

■Q&A(一部)■

Q. 締切が以前より早くなっている気がするのですが?

A. 「ACS National Meeting に参加できるのなら発表もしたかった」という意見が寄せられ,これを特典に加えるために逆算して〆切を設定したようです.

Q. Newとなっているした2つの特典はどのようなものでしょうか?

A. 前者は ACS Meeting で行われる Leadership 研修プログラムです.
※2019年の募集時にも “New” で特典として入っておりましたが,コロナ禍で実施されませんでした
後者は過去に本プログラムで選ばれた人たちのコミュニティのメンバーとして登録されます.
※こちらも2019年の募集時にも “New” で特典として入っておりました.メンバーに対し,いろいろ計画はあったようですが,コロナ禍で具体的な活動はまだしておりません

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ペプチドの革新的合成
  2. THE PHD MOVIE
  3. 安定な環状ケトンのC–C結合を組み替える
  4. 電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応
  5. ルーブ・ゴールドバーグ反応 その2
  6. PACIFICHEM2010に参加してきました!②
  7. ラジカルと有機金属の反応を駆使した第3級アルキル鈴木―宮浦型カッ…
  8. 四国化成の新規複素環化合物群

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 原子間力顕微鏡 Atomic Force Microscope (AFM)
  2. シュガフ脱離 Chugaev Elimination
  3. 有機合成化学協会誌2019年9月号:炭素–水素結合ケイ素化・脱フッ素ホウ素化・Chemically engineered extracts・クロロアルケン・ニトレン
  4. 無保護カルボン酸のラジカル機構による触媒的酸化反応の開発
  5. モータースポーツで盛り上がるカーボンニュートラル
  6. マーデルング インドール合成 Madelung Indole Synthesis
  7. 三井化学、「環状オレフィンコポリマー(商標:アペル)」の生産能力増強を決定
  8. 子供と一緒にネットで化学実験を楽しもう!
  9. ケイ素置換gem-二クロムメタン錯体の反応性と触媒作用
  10. 力を受けると蛍光性分子を放出する有機過酸化物

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜

岡山大学学術研究院自然科学学域(工)の渡邉貴一研究准教授と同大学院自然科学研究科博士前期課程の安原有…

【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–

今回ご紹介する書籍「セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–」は、20…

芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

湘南ヘルスイノベーションパークがケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

レジェンド化学者もしくは第一人者の長時間講演を完全無料で放映する、ケムステVプレ…

化学企業が相次いで学会や顧客から表彰される

武蔵エナジーソリューションズ株式会社に所属する研究者が、2022年度電気化学会技術賞(棚橋賞)を受賞…

第20回次世代を担う有機化学シンポジウム

第20回記念!今年は若手向けの新企画もやります!「若手研究者が口頭発表する機会や自由闊達にディス…

ビナミジニウム塩 Vinamidinium Salt

概要ビナミジニウム塩(Vinamidinium Salt)は、カルボン酸をヴィルスマイヤー・ハッ…

伝わるデザインの基本 増補改訂3版 よい資料を作るためのレイアウトのルール

(さらに…)…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:②合成蛍光色素

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP