[スポンサーリンク]

一般的な話題

2022 CAS Future Leaders プログラム参加者募集

[スポンサーリンク]

CAS SciFinderⁿ の提供元である CAS が世界中の博士課程在学中の学生とポスドクを対象とした情報交換プログラム 2022 CAS Future Leadersの参加者募集を開始しました.

◇ 米国化学会年会 ACS National Meeting & Exposition での発表機会など,各種特典をご用意しています ◇(引用:化学情報協会)

これまでも加者のインタビューとともに募集記事を掲載してきましたが(まとめ記事参照)、実は去年はコロナの影響で募集がなかったんですね。今年は満を持して、パワーアップして募集がはじまっています。貴重な経験が、無料で受けられるとあって、いつも競争率は高いですが、ぜひご応募下さい!

以下、プログラムについて。

■ 対象者 ■

CAS SciFinderⁿ をはじめとする情報検索ツール,情報検索,情報解析に興味・知識がある博士課程在学中の学生,およびポスドク

■ 申込み ■

参加希望者は,専用応募フォームに記入し,下記書類を添付して 2022 年 1 月 16 日 (日) までにご応募ください.

・履歴書
・教官の推薦書
・下記をまとめたエッセイ (英語,500 ~ 1,000 words)

    • – ご自身の研究と目標

 

    – CAS SciFinderⁿ をはじめ,情報検索ツール等から得られた情報をどのように研究に役立てているか

詳細は下記をご覧ください.
CAS Future Leaders ページ
申し込みサイト
よくあるご質問 (Future Leaders FAQ)

CAS による厳正な審査の後,優秀な 30 名の応募者を 2022 CAS Future Leaders プログラムの参加者として 3 月に発表いたします.

■ プログラムの内容 ■

2022 年 8 月 15 日 (月) 〜 20 日 (土)
米国オハイオ州コロンバスにある CAS を訪問し,CAS スタッフや参加者間で科学を中心としたアクティビティに参加します.

2022 年 8 月 21 日 (日) 〜 25 日 (木)
米国イリノイ州シカゴで開催される米国化学会年会 ACS National Meeting & Exposition に参加します.

■ 参加者の特典 ■

・旅費および宿泊費
・Columbus 滞在中の食費
・米国化学会年会 ACS National Meeting & Exposition の参加登録費
・支度金 1,000 米ドル支給
CAS SciFinderⁿ のアクセス権 (1 年) の付与
・ACS Membership (3 年) の付与
C&EN の参加者紹介記事を掲載
NEW! ACS National Meeting & Exposition における研究発表
NEW! ACS National Meeting & Exposition の ACS Professional and Leadership Development course の登録
NEW! CAS Future Leaders Alumni Community の永久会員資格 (Lifetime membership)

■Q&A(一部)■

Q. 締切が以前より早くなっている気がするのですが?

A. 「ACS National Meeting に参加できるのなら発表もしたかった」という意見が寄せられ,これを特典に加えるために逆算して〆切を設定したようです.

Q. Newとなっているした2つの特典はどのようなものでしょうか?

A. 前者は ACS Meeting で行われる Leadership 研修プログラムです.
※2019年の募集時にも “New” で特典として入っておりましたが,コロナ禍で実施されませんでした
後者は過去に本プログラムで選ばれた人たちのコミュニティのメンバーとして登録されます.
※こちらも2019年の募集時にも “New” で特典として入っておりました.メンバーに対し,いろいろ計画はあったようですが,コロナ禍で具体的な活動はまだしておりません

 

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 一度に沢山の医薬分子を放出できるプロドラッグ
  2. 可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応
  3. 不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応
  4. 企業の研究開発のつらさ
  5. ノーベル化学賞解説 on Twitter
  6. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造
  7. アルケンとCOとジボロンからジボリルシクロプロパンを作る
  8. 炭素繊維は鉄とアルミに勝るか? 2

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヨン・ピエール Jorn Piel
  2. 化学大手2014年4–9月期決算:概して増収増益
  3. 耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW
  4. 第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina Lagunas教授
  5. 電子不足トリプトファン誘導体を合成する人工酵素
  6. 総合化学4社、最高益を更新 製造業の需要高く
  7. BASF150年の歩みー特製ヒストリーブックプレゼント!
  8. クルクミン /curcumin
  9. BASFとはどんな会社?-1
  10. 三菱化学の4‐6月期営業利益は前年比+16.1%

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

金属アルコキシドに新たなファミリー!Naでも切れない絆

アルカリ金属と1-アダマンタノール (HOAd1)の混合により、平面三角形構造かつ未還元のヒドロキシ…

理工系のAI英作文術

概要英語が苦手な人でもAI自動翻訳を使えば、短時間で英語が得意な人に匹敵する英文が書…

Ni(0)/SPoxIm錯体を利用した室温におけるCOの可逆的化学吸着反応

第395回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科 (生越研究室)・山内泰宏さんにお願…

第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!

7月に入り、いよいよ日差しが強まって夏本格化という時期になりました。光のエネルギーを肌で感じられます…

国内最大級の研究者向けDeepTech Company Creation Program「BRAVE FRONTIER」 2022年度の受付開始 (7/15 〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

マテリアルズ・インフォマティクスで用いられる統計[超入門]-研究者が0から始めるデータの見方・考え方-

開催日:2022/07/06 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP