[スポンサーリンク]


2023年 1月 24日

  1. 巧みに骨格構築!Daphgracilineの全合成

    ユズリハアルカロイドであるdaphgracilineの全合成が初めて達成された。Type II 分子内付加環化反応とエポキシドの還元的開裂反応を鍵として、複雑な架橋縮環構造を構築した。Yuzurine型アルカロイドユズリハ属の樹皮か…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2/17(土)Zoom開催【Chem-Station代表 山口氏】×【旭化成(株)人事部 時丸氏】化学の未来を切り拓く 博士課程で広がる研究の世界(学生対象 ※卒業年度不問)
  2. 厚労省が実施した抗体検査の性能評価に相次ぐ指摘
  3. 土釜 恭直 Kyoji Tsuchikama
  4. 岩田忠久 Tadahisa Iwata
  5. 砂糖から透明樹脂、大阪府立大などが開発に成功
  6. トーンカーブをいじって画像加工を見破ろう
  7. 「ニコチンパッチ」6月1日から保険適用

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

PAGE TOP