[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich

[スポンサーリンク]

クルト・ヴュートリッヒ(Kurt Wüthrich, 1938年10月4日–)は、スイス出身の化学者。米スクリプス研究所教授。2002年に「生体高分子の同定・構造解析手法の開発」の成果にてノーベル化学賞を受賞。

経歴

19xx バーゼル大学 博士号取得 (Silvio Fallab教授)
1965-1967 カリフォルニア大学バークリー校 博士研究員(Robert E. Connick教授)
1967-1969 ベル研究所 博士研究員(Robert G. Shulman教授)
1969-70 スイス連邦工科大学チューリヒ校で勤務
1970-72 スイス連邦工科大学チューリヒ校 講師
1972-1976 スイス連邦工科大学チューリヒ校 助教授
1980- スイス連邦工科大学チューリヒ校 教授
2001- スクリプス研究所 教授

受賞歴

1991 ルイザ・グロス・ホロウィッツ賞
1999 Otto-Warburgメダル
1998 京都賞
2002 ノーベル化学賞

研究概要

多次元NMR法の開発およびタンパク質構造解析への応用

1970年代に、核オーバーハウザー効果相関スペクトル(NOESY)や1H-1H相関スペクトル(COSY)といった二次元NMR法をタンパク質に適用することで、水素原子の構造情報を精密に得る手法を確立。数々のタンパク質の3次元構造解析に成功した。

1985年に構造解析に成功した BUSI IIA タンパク質(ノーベル財団の資料より引用)

1985年に構造解析に成功した BUSI IIA タンパク質(ノーベル財団の資料より引用)

この業績が評価され、田中耕一ジョン・フェンとともに2002年のノーベル化学賞を共同受賞した。

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 福井 謙一 Kenichi Fukui
  2. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley
  3. 浜地 格 Itaru Hamachi
  4. 吉野 彰 Akira Yoshino
  5. スチュアート・シュライバー Stuart L. Schreibe…
  6. 原田 明 Akira Harada
  7. 陰山 洋 Hiroshi Kageyama
  8. ドナルド・トゥルーラー Donald G. Truhlar

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授
  2. リニューアル?!
  3. 触媒的C-H活性化型ホウ素化反応
  4. 論文チェックと文献管理にお困りの方へ:私が実際に行っている方法を教えます!
  5. 合成とノーベル化学賞
  6. 第64回―「ホウ素を含むポルフィリン・コロール錯体の研究」Penny Brothers教授
  7. 【速報】ノーベル化学賞2013は「分子動力学シミュレーション」に!
  8. ポロノフスキー開裂 Polonovski Fragmentation
  9. 呉羽化学、明るさを保ちながら熱をカットする窓ガラス用素材
  10. キラルアミンを一度に判別!高分子認識能を有するPd錯体

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

【マイクロ波化学(株)医薬分野向けウェビナー】 #ペプチド #核酸 #有機合成 #凍結乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントは、医薬分野向けに事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波の適用例や効…

バイオマスからブタジエンを生成する新技術を共同開発

日本ゼオンは、理研、横浜ゴムと共同で設置している「バイオモノマー生産研究チーム」の研究により、バイオ…

【ケムステSlackに訊いてみた②】化学者に数学は必要なのか?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

電子のやり取りでアセンの分子構造を巧みに制御

第308回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院(鈴木研究室)・張本 尚さんにお願い…

第147回―「カリックスアレーンを用いる集合体の創製」Tony Coleman教授

第147回の海外化学者インタビューは、アンソニー・W・コールマン(通称トニー)教授です。フランスのリ…

ノーコードでM5Stack室内環境モニターを作ろう

COVID-19の影響で居室や実験室の換気状況を見直された方は多いと思います。化学系の実験室は定期的…

「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律施行令の一部を改正する政令」が閣議決定されました

4月16日、「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律施行令の一部を改正する政令」が、閣議決定され…

液相における粒子間水素移動によって加速されるアルカンとベンゼンの脱水素カップリング反応

第307回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 物質理工学院 応用化学系(本倉研究室)・高畠 萌…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP