[スポンサーリンク]


2023年 2月 08日

  1. 佐藤 伸一 Shinichi Sato

    佐藤伸一は、タンパク質の化学修飾を主軸として、ケミカルバイオロジー分野の研究を行っている。日本の有機合成化学者である。東北大学学際科学フロンティア研究所 助教。経歴2006 明治薬科大学 薬学部 製薬学科 卒業2011 東京…

  2. 分子間相互作用の協同効果を利用した低対称分子集合体の創出

    第470回のスポットライトリサーチは、長崎大学 大学院工学研究科 物質科学部門 錯体化学研究室に所属…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 抗体ペアが抗原分子上に反応場をつくり出す―2つの抗体エピトープを利用したテンプレート反応の開発―
  2. 国際化学オリンピック2016でもメダルラッシュ!
  3. 有機合成研究者必携! 有機合成用反応剤プロトコル集
  4. 分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】
  5. デイヴィッド・リウ David R. Liu
  6. 相次ぐ有毒植物による食中毒と放射性物質に関連した事件
  7. アミロイド認識で活性を示す光触媒の開発:アルツハイマー病の新しい治療法へ

注目情報

最新記事

マリンス有機化学(上)-学び手の視点から-

概要親しみやすい会話形式を用いた現代的な教育スタイルで有機化学の重要概念を学べる標準教科書.…

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

PAGE TOP