[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

フラッシュ精製装置「バイオタージSelect」を試してみた

[スポンサーリンク]

 

10年前、シリカゲルをもちいたカラムクロマトグラフィーといえば、カラム管にシリカゲルをつめて溶媒を流すという、いわゆる「手動カラム」が主流でした。

時は流れ、現在は「自動カラム」つまり、フラッシュ精製装置の利用が主流となりつつあります。

筆者はカラムは基本的に機械にお願いし、空いた時間で頭使おうとしてきました。したがって、研究室にはカラム管もありませんし、学生は学部の学生実験でしかカラムをやったことはありません。

そのフラッシュ精製装置の利用を加速したのがが、バイオタージの「isolera」。

フラッシュ精製装置の雄「isolera」(出典:バイオタージジャパン)

 

それ以前では、山善の自動カラムシステムが圧倒的なシェアを誇っていましたが、だれでも使える一体型仕様、そしてどこにでもおけるサイズ感、見た目もスタイリッシュと、この精製装置の登場はカラムの自動化を加速した革新的な出来事でした。筆者の研究室も4台所有しています。そのisoleraも発売から13年。もちろんマイナーアップデートはされているものの、他の機器に比べ、スタイリッシュさは影を潜めた気がします。

そんな最中、3年前にisolaraのフルモデルチェンジというか、後継機のSelekt(セレクト)が発売されました。大きな液晶画面にLEDライト照明、isoleraが登場した当時のスタイリッシュさを感じさせるような製品でした。

後継機Selekt (出典:バイオタージジャパン)

ただ以下のように懐疑的なところもいくつか。

  1. 見た目だけで、中身はそんなに変わらないのでは?
  2. ゼロから作り直して、これまでのisoleraのいいところが失われているのでは?
  3. 新発売となると、いろいろな不具合が多いのではないか?
  4. そもそも本当に後継機なのか?うまくいかなければ切り捨てられてしまうのでは?
  5. 数台isoleraもっているし、同じ操作性のものがよい。
  6. そもそも価格もあがっているし、これに変える必要が本当にあるのか?

以上のようなことから、Selectの導入どころか、デモもこれまで断ってきました。

それから3年後、さすがに不具合も少なくなり、評価も固まってきただろうということで満を持してSelektをデモをしてみました。その様子を動画で撮影、編集公開しましたのでご覧ください。

Selektをデモしてみた

説明はバイオタージ・ジャパン株式会社の作道さんにお願いしました。設置をしにきたらいきなり動画をとられたという感じでしたが、快く応じていただきました。

なお、動画の前半はスマホの設定をミスってグリッド入りになっていますのでご了承ください。

丁寧に説明していただいて、これをみれば使い方はすぐにわかると思います。いくつかの質問にも答えていただきました。

デモした感想は?

結論からいってとっても欲しくなりました。上記の懐疑的なところにコメントアウトします。

  1. 見た目だけで、中身はそんなに変わらないのでは?→ 基本的操作は変わらないですが、すべてが大幅にバージョンアップされた感じです。ちなみに、「見た目だけ」といいましたが、見た目とっても重要です。これは使いたくなるフォルムをしています。
  2. ゼロから作り直して、これまでのisoleraのいいところが失われているのでは? → isoleraのいいとこどりをしたような製品でした。
  3. 新発売となると、いろいろな不具合が多いのではないか? → たしかにこれまでいくつか不具合はありましたが、発売から3年経過しているのでほとんどの不具合は解消されているようです。
  4. そもそも本当に後継機なのか?うまくいかなければ切り捨てられてしまうのでは?→ 実際にisoleraは製造停止の予定でしたが、いまでも製造されているようです。ただ、数年前のものとは少し変わってきているので、古いisoleraの部品はもう製造中止になっているものもあります。切り捨てを心配していましたが、おそらくisoleraの製造中止の方が早そうです。
  5. 数台isoleraもっているし、同じ操作性のものがよい。 → 操作性も似ており、全く別の製品であるという感じはしませんでした。
  6. そもそも価格もあがっているし、これに変える必要が本当にあるのか? → isoleraよりも高価であるのは事実ですが、それを納得するだけのかっこよさと機能がありました。

個人的な意見ですが、新規導入ならばSelekt一択ですね。isoleraからの乗り換えはこの製品が頑強でなかなか壊れないため、isoleraの下取りプログラムとかやってくれないかなと思いました。

というわけで、いろいろ悩みましたが研究費を獲得次第、selekt購入しようと決めました。気になった方はぜひリアルデモやお問い合わせしてみてください!

お問い合わせ

バイオタージ・ジャパン株式会社

〒136-0071 東京都江東区亀戸1丁目14番4号  第2萬富ビル6F

お電話でのお問合せ 03-5627-3123

お問合せフォームでのお問合せ お問い合わせフォームはこちら

フラッシュ精製装置/カラム精製に関する記事

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 研究室でDIY!割れないマニホールドをつくろう・改
  2. リンダウ会議に行ってきた①
  3. 新たな環状スズ化合物の合成とダブルカップリングへの応用
  4. 鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~
  5. 酒石酸にまつわるエトセトラ
  6. 銀の殺菌効果がない?銀耐性を獲得するバシラス属菌
  7. 有機合成化学協会誌2022年5月号:特集号 金属錯体が拓く有機合…
  8. バイエルスドルフという会社 ~NIVEA、8×4の生みの親~

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フォルハルト・エルドマン環化 Volhard-Erdmann Cyclization
  2. 目指せ!! SciFinderマイスター
  3. 室温で液状のフラーレン
  4. 「魔法の水でゴミの山から“お宝”抽出」
  5. 【著者インタビュー動画あり!】有機化学1000本ノック スペクトル解析編
  6. 第62回「分子設計ペプチドで生命機能を制御する!!」―松浦和則 教授
  7. 秋の褒章2014ー化学分野からは準結晶研究の蔡安邦教授に
  8. 昆虫細胞はなぜ室温で接着するのだろう?
  9. 有機合成化学協会誌2017年9月号:キラルケイ素・触媒反応・生体模倣反応・色素・開殻π造形
  10. 独メルク、医薬品事業の日本法人を統合

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

最新記事

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の応用 ー新しい天然有機化合物の生成を目指すー

開催日 2024/2/21 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

有機合成化学協会誌2024年2月号:タンデムボラFriedel-Crafts反応・炭素-フッ素結合活性化・セリウム錯体・コバルト-炭素結合・ホスホロアミダイト法

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年2月号がオンライン公開されています。…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP