[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

フラッシュ精製装置「バイオタージSelect」を試してみた

[スポンサーリンク]

 

10年前、シリカゲルをもちいたカラムクロマトグラフィーといえば、カラム管にシリカゲルをつめて溶媒を流すという、いわゆる「手動カラム」が主流でした。

時は流れ、現在は「自動カラム」つまり、フラッシュ精製装置の利用が主流となりつつあります。

筆者はカラムは基本的に機械にお願いし、空いた時間で頭使おうとしてきました。したがって、研究室にはカラム管もありませんし、学生は学部の学生実験でしかカラムをやったことはありません。

そのフラッシュ精製装置の利用を加速したのがが、バイオタージの「isolera」。

フラッシュ精製装置の雄「isolera」(出典:バイオタージジャパン)

 

それ以前では、山善の自動カラムシステムが圧倒的なシェアを誇っていましたが、だれでも使える一体型仕様、そしてどこにでもおけるサイズ感、見た目もスタイリッシュと、この精製装置の登場はカラムの自動化を加速した革新的な出来事でした。筆者の研究室も4台所有しています。そのisoleraも発売から13年。もちろんマイナーアップデートはされているものの、他の機器に比べ、スタイリッシュさは影を潜めた気がします。

そんな最中、3年前にisolaraのフルモデルチェンジというか、後継機のSelekt(セレクト)が発売されました。大きな液晶画面にLEDライト照明、isoleraが登場した当時のスタイリッシュさを感じさせるような製品でした。

後継機Selekt (出典:バイオタージジャパン)

ただ以下のように懐疑的なところもいくつか。

  1. 見た目だけで、中身はそんなに変わらないのでは?
  2. ゼロから作り直して、これまでのisoleraのいいところが失われているのでは?
  3. 新発売となると、いろいろな不具合が多いのではないか?
  4. そもそも本当に後継機なのか?うまくいかなければ切り捨てられてしまうのでは?
  5. 数台isoleraもっているし、同じ操作性のものがよい。
  6. そもそも価格もあがっているし、これに変える必要が本当にあるのか?

以上のようなことから、Selectの導入どころか、デモもこれまで断ってきました。

それから3年後、さすがに不具合も少なくなり、評価も固まってきただろうということで満を持してSelektをデモをしてみました。その様子を動画で撮影、編集公開しましたのでご覧ください。

Selektをデモしてみた

説明はバイオタージ・ジャパン株式会社の作道さんにお願いしました。設置をしにきたらいきなり動画をとられたという感じでしたが、快く応じていただきました。

なお、動画の前半はスマホの設定をミスってグリッド入りになっていますのでご了承ください。

丁寧に説明していただいて、これをみれば使い方はすぐにわかると思います。いくつかの質問にも答えていただきました。

デモした感想は?

結論からいってとっても欲しくなりました。上記の懐疑的なところにコメントアウトします。

  1. 見た目だけで、中身はそんなに変わらないのでは?→ 基本的操作は変わらないですが、すべてが大幅にバージョンアップされた感じです。ちなみに、「見た目だけ」といいましたが、見た目とっても重要です。これは使いたくなるフォルムをしています。
  2. ゼロから作り直して、これまでのisoleraのいいところが失われているのでは? → isoleraのいいとこどりをしたような製品でした。
  3. 新発売となると、いろいろな不具合が多いのではないか? → たしかにこれまでいくつか不具合はありましたが、発売から3年経過しているのでほとんどの不具合は解消されているようです。
  4. そもそも本当に後継機なのか?うまくいかなければ切り捨てられてしまうのでは?→ 実際にisoleraは製造停止の予定でしたが、いまでも製造されているようです。ただ、数年前のものとは少し変わってきているので、古いisoleraの部品はもう製造中止になっているものもあります。切り捨てを心配していましたが、おそらくisoleraの製造中止の方が早そうです。
  5. 数台isoleraもっているし、同じ操作性のものがよい。 → 操作性も似ており、全く別の製品であるという感じはしませんでした。
  6. そもそも価格もあがっているし、これに変える必要が本当にあるのか? → isoleraよりも高価であるのは事実ですが、それを納得するだけのかっこよさと機能がありました。

個人的な意見ですが、新規導入ならばSelekt一択ですね。isoleraからの乗り換えはこの製品が頑強でなかなか壊れないため、isoleraの下取りプログラムとかやってくれないかなと思いました。

というわけで、いろいろ悩みましたが研究費を獲得次第、selekt購入しようと決めました。気になった方はぜひリアルデモやお問い合わせしてみてください!

お問い合わせ

バイオタージ・ジャパン株式会社

〒136-0071 東京都江東区亀戸1丁目14番4号  第2萬富ビル6F

お電話でのお問合せ 03-5627-3123

お問合せフォームでのお問合せ お問い合わせフォームはこちら

フラッシュ精製装置/カラム精製に関する記事

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. マテリアルズ・インフォマティクスを実践するためのベイズ最適化入門…
  2. 【サステナブルなものづくり】 マイクロ波の使い方セミナー 〜実験…
  3. 広範な反応性代謝物を検出する蛍光トラッピング剤 〜毒性の黒幕を捕…
  4. Chemical Science誌 創刊!
  5. Happy Friday?
  6. 光触媒に相談だ 直鎖型の一級アミンはアンモニア水とアルケンから
  7. 銅中心が動く人工非ヘム金属酵素の簡便な構築に成功
  8. 白い器を覆っている透明なガラスってなんだ?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. タミフル(オセルタミビル) tamiflu (oseltamivir)
  2. 女性化学賞と私の歩み【世界化学年 女性化学賞受賞 特別イベント】
  3. 福山還元反応 Fukuyama Reduction
  4. ChemDrawの使い方【作図編②:触媒サイクル】
  5. 信越化学、塩化ビニル樹脂を値上げ
  6. 【クリックは完了. よし壊せ!】イミノカルベノイドによる渡環および 1,3-挿入 Iminocarbenoids Derived from Triazoles for Transannulations/1,3-Insertions
  7. 胃薬のラニチジンに発がん性物質混入のおそれ ~簡易まとめ
  8. 環境ストレスに応答する植物ホルモン
  9. Happy Mole Day to You !!
  10. 最も安価なエネルギー源は太陽光発電に

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

申込みはこちら次世代の創薬研究をリードするために、デジタルトランスフォーメーション(DX…

ファラデーのつくった世界!:−ロウソクの科学が歴史を変えた

こんにちは、Spectol21です!ノーベル賞受賞の吉野彰先生が、吉野先生の研究者と…

接着系材料におけるmiHub活用事例とCSサポートのご紹介

開催日:2024/06/12 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

水素原子一個で強力な触媒をケージング ――アルツハイマー病関連のアミロイドを低分子で副作用を抑えて分解する――

第 619 回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 薬学系研究科 有機合成化学…

ミツバチに付くダニに効く化学物質の研究開発のはなし

今回は東京大学大学院有機化学研究室 滝川 浩郷先生、小倉 由資先生が主導されている研究内容につき…

化学結合の常識が変わる可能性!形成や切断よりも「回転」プロセスが実は難しい有機反応

第 617 回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 有機…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP