[スポンサーリンク]


アルカリ金属

  1. 少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ

    カリウムtert-ブトキシドを触媒とするα-アルキルケトン合成法が報告された。遷移金属を用いず、高い原子効率の炭素–炭素結合形成反応である。遷移金属を用いない炭素–炭素結合形成反応遷移金属触媒を用いた炭素–炭素結合形成反応は有機化合…

  2. カリウム Potassium 細胞内に多量に含まれる元素

    カリウムは、ナトリウムと並んでミネラルの代表格です。様々な化合物と塩を作ります。なかには青酸カリなど…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 研究助成情報サイト:コラボリー/Grants
  2. ゴキブリをバイオ燃料電池、そしてセンサーに
  3. 界面活性剤 / surface-active agent, surfactant
  4. ボイヤー・シュミット・オーブ転位 Boyer-Schmidt-Aube Rearrangement
  5. Anti-Markovnikov Hydration~一級アルコールへの道~
  6. Nanomaterials: An Introduction to Synthesis, Properties and Applications, 2nd Edition
  7. 優れた研究者は優れた指導者

注目情報

最新記事

コロナウイルス関連記事 まとめ

新型コロナウイルスの影響で、キャンパスが閉鎖となる大学も増えてきていますね。私の周りでは、コロナウイ…

機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

第256回のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)・錯体化学触媒ユニット 狩俣…

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

PAGE TOP