[スポンサーリンク]


アルカリ金属

  1. 少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ

    カリウムtert-ブトキシドを触媒とするα-アルキルケトン合成法が報告された。遷移金属を用いず、高い原子効率の炭素–炭素結合形成反応である。遷移金属を用いない炭素–炭素結合形成反応遷移金属触媒を用いた炭素–炭素結合形成反応は有機化合…

  2. カリウム Potassium 細胞内に多量に含まれる元素

    カリウムは、ナトリウムと並んでミネラルの代表格です。様々な化合物と塩を作ります。なかには青酸カリなど…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reaction
  2. NMRの基礎知識【測定・解析編】
  3. 速報・常温常圧反応によるアンモニア合成の実現について
  4. 思わぬ伏兵・豚インフルエンザ
  5. 日本薬学会第138年会 付設展示会ケムステキャンペーン
  6. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  7. エイダ・ヨナス Ada E. Yonath

注目情報

最新記事

巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

第268回のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系(大宮研究室)の佐藤 由季也(さと…

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します

5年前、ケムステ15周年の際に新たな試みとしてはじめたコンテンツ「スポットライトリサーチ」。…

PAGE TOP