[スポンサーリンク]

一般的な話題

ACSの隠れた名論文誌たち

[スポンサーリンク]

ACSではJACS(Journal of the American Chemical Society)に加えてJOC(Journal of Organic Chemistry)といった各化学分野の論文誌が有名です。ではこれら以外にどんな論文誌があるのでしょうか。今回は、ACSの中で他の論文とは一線を画す名論文誌をいくつか紹介します。

前書き

多くの論文誌はその分野の名前(有機や無機、ナノマテリアルなど)を冠していますが、中には聞いたことのない単語を含むタイトルの論文もあり、タイトルだけではどんな内容かわからない論文もあります。そんな隠れた論文誌たちをACSの中から探していました。Zeolinite独断のチョイスですので、広く一般的な論文誌も含まれているかもしれません。

ACS central science

始めに紹介するのはACS central scienceという論文誌です。The central scienceとは化学の呼称のひとつで、自然科学の分野の中で化学が中心となり物理学や生物学などと結びついていることを示します。そんな意味を持つ central scienceの名を冠したこの論文誌は、広い化学分野に対して基礎的な内容から応用、学際的な内容までを取り扱います。

いろいろな分野を取り扱うならJACSと同じではないかと思うかもしれませんが、ACSではJACSとACS central scienceの違いについて解説しています。まず第一に発行される論文数が違います。JACSは、約3000報/年ほどが発行されていますが、ACS central scienceではわずか100から200報/年しか発行されていません。JACSはACSのフラッグシップ論文誌として質の高い論文を発行していきますが、ACS central scienceではエディターとレビュアーが並外れた質とオリジナリティ、重要性があると見なした論文のみが選択されて掲載されるとしています。JACSでさえも掲載されるのは簡単ではないので、ACS central scienceへの掲載はそのさらに上をいく難しさがあるようです。もう一つの違いは、ACS central scienceは論文誌全体がオープンアクセスであり、CC-BY-NC-NDを条件とすれば投稿費もかかりません。これは、論文投稿者にも読者にもうれしいルールで、本当にインパクトのある結果を発表するための論文誌のようです。ということでACS central scienceは筆者が知らなかっただけで、大変権威のある論文誌です。

現在の編集諮問委員には、日本からは京都大学の浜地格教授北川進特別教授名古屋大学の伊丹健一郎教授がメンバーとなっています。最近の日本の研究グループの発表例としては、東京大学大学院理学系研究科小林修教授の有機合成アクアケミストリーについての総説が今年の4月に掲載されています。

The Journal of Chemical Education

次に紹介するのはThe Journal of Chemical Educationで、一言でいうならACS版化学と教育でしょうか。歴史は大変古く、1924年に創刊されました。取り扱う内容は、化学物質、ラボでの実験、教育方法、教育学などでThe化学教育といった内容です。カバーするレベルは中等教育から大学院、プロフェッショナルスタッフまでと、学校での教育だけでなく化学業界全体の教育に関する論文を掲載しています。通常のACSの論文誌とは異なり、独自のカテゴリーを持っていることがユニークな点です。

実験に関する論文では、他の論文誌では記述しない試薬や実験の安全性について解説していたりします。また教育に特化しているため、教育や学習に直接関係しないscience research papersは掲載しないと明記されていることも興味深い点です。最近の日本の研究グループの発表例としては、足利大学の加治屋大介准教授が、界面活性剤の理解のための水中に形成された水のボールについて論文を発表されています。コロナ渦の影響でオンライン授業や家でできる実験についての論文が多く、今の時代に対して最善の教育を行うべく、教育者や研究者がいろいろなアイディアをこのThe Journal of Chemical Educationに発表しているようです。

ACS Chemical Health & Safety

最後に紹介するのはACS Chemical Health & Safetyです。こちらは化学の安全に特化した論文誌で、安全情報、法律改正、安全衛生に関する効率的な実務、危険性評価などについて取り扱います。もちろん安全をどう守るかといったハイレベルな内容の論文もありますが、USのラボで大学院生がけがをしたら誰が治療費を払うか英国や仏国のラボで大学院生がけがをしたら誰が治療費を払うか3Dプリンターから排出される有害物質のコントロールなど現場で役に立つ論文も多く掲載されています。もちろんLessons Learnedとして特定の化合物、実験操作に関する論文も多数掲載(例:フッ化水素酸の取り扱いにおける事故や事故防止のための教育)されております。

安全な実験を行うために不燃性の衣服が必須ですが、宗教上の理由からリスクのある衣服を着用している場合もあります。ACS Chemical Health & Safetyに掲載された論文では、実験作業にも適するヒジャブについて紹介されていて、安全には人種や地域も関連することを認識させられました。ちなみにこちらのヒジャブは市販品ですが、ACS Chemical Health & Safetyでは市販品に関する内容も大歓迎と書かれています。

日本のチームからの論文掲載は少なく、2017年に化学物質評価研究機構が、エチルベンゼンの暴露リスクについて論文を発表したのが最新の投稿のようです。

最初は、Elsevierの論文誌も紹介しようと思っていましたが、各論文誌の奥が深くなかなかの文量になってしまいましたのでElsevierは次回紹介します。ある化学分野の研究を行っている時に、論文検索をしてもここで紹介したACSの論文誌にはたどり着かないかもしれません。しかしそれぞれに掲載されている論文は独特で、時間があればいつまででも読んでいることができる気がします。インパクトの高い研究、教育、安全が気になった時はこれらの論文誌を調べてみてはいかがでしょうか。

関連書籍

紹介した論文誌に関するケムステ過去記事

Zeolinite

Zeolinite

投稿者の記事一覧

ただの会社員です。某企業で化学製品の商品開発に携わっています。社内でのデータサイエンスの普及とDX促進が個人的な野望です。

関連記事

  1. キッチン・ケミストリー
  2. 第三回 ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…
  3. GRE Chemistry 受験報告 –試験当日·結果発表編–
  4. 高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発
  5. 有機反応を俯瞰する ー縮合反応
  6. 機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する
  7. 2017年始めに100年前を振り返ってみた
  8. 第94回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 陽電子放射断層撮影 Positron Emmision Tomography
  2. Metal-Organic Frameworks: Applications in Separations and Catalysis
  3. L・スターンバック氏死去 精神安定剤開発者
  4. スイス連邦工科大ジーベーガー教授2007年ケーバー賞を受賞
  5. 化学と株価
  6. 天野 浩 Hiroshi Amano
  7. クリーンなラジカル反応で官能基化する
  8. 実験化学のピアレビューブログ: Blog Syn
  9. 「シカゴとオースティンの6年間」 山本研/Krische研より
  10. ピナコールカップリング Pinacol Coupling

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

マイクロ波化学のカーボンニュートラルや循環型社会におけるアプリケーションや事業状況

当社のマイクロ波プラットフォーム技術および工業化知見を活用し、アクリル樹脂の分解に必要なエネルギーを…

NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

NMRメーカーである日本電子のイギリス法人、JEOL UKが6月、WindowsとmacOSの両方で…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP