[スポンサーリンク]

ケムステニュース

米FDA、塩野義の高脂血症薬で副作用警告

[スポンサーリンク]

クレストール ロスバスタチンカルシウム【ワシントン=共同】米食品医薬品局(FDA)は2日、日本の塩野義製薬(本社・大阪市)が薬効を確認し、英アストラゼネカが製造、販売している高脂血症治療薬「クレストール」(一般名ロスバスタチンカルシウム)について「筋力低下などの副作用の危険が、東洋人では増加する恐れがある」との警告を発表した。特に服用開始時は、用量を抑えるよう医師に注意を呼び掛けている。(引用:日本経済新聞)

 

クレストール(Crestor,  Rosuvastatin)は東洋人にはあまりよくないようです。なんちゃらスタチンという名称はHMG-CoA阻害薬、つまりコレステロールを下げるための薬に良くつけられています。あの有名な三共の高脂血症治療薬メバロチンもプラバスタチンという名称です。高脂血症治療薬は非常に多くの売り上げを上げている薬で現在でもファイザーのリピトール(アトラバスタチン)が世界の医薬品の売り上げNo.1の薬なんですね。

 

関連書籍

 


高脂血症を予防し、血液をサラサラにする献立と料理120品―心筋梗塞、動脈硬化を防ぎ、血管をしなやかにする!

 

血管を丈夫に、血液をサラサラにすると多くの生活習慣病が防げます。活性酸素の発生を抑え血栓ができにくくなる不飽和脂肪酸、抗酸化ビタミン、食物繊維豊富な料理を紹介。

 


ところで、クレストールとリピトール構造似てますよね。カルボン酸部分とフルオロベンゼンが同様で、真ん中の環がピリミジンかピロールで異なっていいますが、置換基もそっくりです。つい最近承認されてかなりの売り上げが期待できただけにどうなのでしょうか??

関連リンク

アストラゼネカと塩野義製薬、高コレステロール血症治療薬「クレストール錠」の承認を取得

高脂血症治療薬「クレストール」の国内販売近づく

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 科学的発見を加速する新研究ツール「SciFinder n」を発表…
  2. 独バイエル、2004年は3部門全てで増収となった可能性=CEO
  3. アルツハイマー薬で副作用死
  4. Merck 新しい不眠症治療薬承認申請へ
  5. 花王、ワキガ臭の発生メカニズムを解明など研究成果を発表
  6. 有機超伝導候補が室温超高速光応答材料に変身
  7. タミフル―米国―厚労省 疑惑のトライアングル
  8. 味の素と元社員が和解 人工甘味料の特許訴訟

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ロナルド・ブレズロウ Ronald Breslow
  2. 2007年文化勲章・文化功労者決定
  3. 分子集合体がつくるポリ[n]カテナン
  4. 最小のシクロデキストリンを組み上げる!
  5. Angewandte Chemieの新RSSフィード
  6. 研究者×Sigma-Aldrichコラボ試薬 のポータルサイト
  7. この輪っか状の分子パないの!
  8. 酒石酸にまつわるエトセトラ
  9. 女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!
  10. 化学反応を起こせる?インタラクティブな元素周期表

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

新車の香りは「発がん性物質」の香り、1日20分嗅ぐだけで発がんリスクが高まる可能性

「新車の香り」には、がんや生殖障害、子どもの先天性欠損症などを引き起こす可能性があるベンゼンやホルム…

溶液を流すだけで誰でも簡単に高分子を合成できるリサイクル可能な不均一系ラジカル発生剤の開発

第 295 回のスポットライトリサーチは東京大学豊田研究室の博士課程 1 年 岡美奈実さんと修士課程…

Carl Boschの人生 その9

Tshozoです。書いてると色々膨らんで収集がつかなくなりますね。ということで前回の続き。W…

創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTOKYO” ビジネスプラン発表会を開催!

東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社が運営するBlockbuster T…

酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

特許取得のための手続き

bergです。本記事では特許出願に必要な手続きについてかいつまんでご紹介します。皆さんの研究もひょっ…

「ソーシャルメディアを活用したスタートアップの価値向上」 BlockbusterTOKYO 2020 第9回 研修プログラムを実施!

Blockbuster TOKYOは東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社…

カルボカチオンの華麗なリレー:ブラシラン類の新たな生合成経路

反応経路の自動探索によりセスキテルペンのトリコブラシレノールの新たな全生合成経路が提唱された。ト…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP