[スポンサーリンク]


オリザリン

  1. チアミン (thiamin)

    チアミンは水溶性ビタミンのひとつ。ビタミンB1とも呼ばれます。脚気を予防する因子として、1910年に鈴木梅太郎氏が、米ぬかから発見して、オリザニンと命名した物質です。

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer
  2. 書店で気づいたこと ~電気化学の棚の衰退?~
  3. メディビック、抗がん剤「グルフォスファミド」の第II相試験を開始
  4. 還元された酸化グラフェン(その1)
  5. U≡N結合、合成さる
  6. 痛風薬「フェブキソスタット」の米国売上高が好発進
  7. シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

注目情報

最新記事

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

PAGE TOP